業務内容

薬剤部 > 業務内容

業務内容

主な業務内容

調剤

調剤室では処方せんによる調剤を主な業務とし、処方内容について、薬剤師の視点から「お薬の名前、量、使用方法、お薬の飲み合わせ」などを確認し、必要があれば医師に確認や提案し、調剤しています。

お薬払い出し窓口では、患者さんがお薬を安心・安全に使用できるようにお薬の説明をしています。お薬についてのご質問・ご相談も承ります。

医薬品管理

薬品管理室では、院内で使用される医薬品の購入と在庫管理、院内各部署への供給および注射処方せんによる注射薬調剤を行っています。

注射薬調剤では、オーダーされた注射薬処方せんをもとに、投与経路、投与速度、用法・用量や相互作用、配合変化など処方内容が適切かどうか確認し、患者さんごとに取りそろえ、払い出しを行います。

在庫管理では、薬剤管理システムを用い、院内採用医薬品約2000品目全ての購入、在庫、供給の管理を行っています。医薬品の使用動向を把握し、さらに保管条件や使用期限なども確認しながら、適正な保管・管理を行っています。

医薬品情報

医薬品に関する情報の収集、整理、保管、および情報の加工と評価を行い、その情報を必要とする医師をはじめとする医療従事者、および患者様への薬品情報の提供を通じて良質かつ適正な薬物療法に貢献しています。

業務内容としては医薬品に関する情報の伝達・質疑に対する情報の提供、薬事委員会への参画、DI NEWSの定期的発行、院内採用医薬品集の発行、部内勉強会を開催しております。

薬剤管理指導

患者さんが安全かつ有効に薬物治療を受けられるよう、まず、患者さんが入院すると入院時の持参薬を確認するとともに患者さんの服薬状況や、アレルギー歴、副作用歴を確認し、更にはOTC薬(薬局・薬店で購入できる一般用医薬品)やサプリメント、健康食品等の摂取状況から、薬物との相互作用がないかを確認します。入院中は、患者さんが、薬を正しく服用していただくために、薬の名前、薬の飲み方・使い方、薬の効果、副作用、他の薬との飲み合わせ、注意点などをお伝えしています。

患者さんへの服薬指導以外にも、治療を行っていく際に、その薬物療法が適切であるか、効果は得られているか、副作用の出現はないか、患者さんの訴えやカルテから確認を行い、安全に施行されるようモニタリングを行っています。

製剤

院内製剤は、TPN製剤の無菌調製、市販品がない特殊製剤など常時100種類以上の製剤を調製しています。医師や薬剤師の提案による特殊製剤は、注射剤から軟膏剤などあらゆる薬剤を創剤できる体制にあります。

化学療法

がん化学療法は、プロトコール管理から調製、患者指導までがん化学療法に関わるあらゆる業務を展開しております。特に、外来化学療法を受ける全ての患者様に対して、お薬手帳を配布し、来室毎に薬剤師が副作用等を面談していることが特長です。これら薬学的介入は、患者様の安心を得ているのみでなく、がん専門薬剤師を目指す薬剤師にとっても研鑽の場としても最適な環境なっています。

チーム医療

医療チームの一員として医師や看護師など他の医療スタッフと連携し、それぞれの専門分野からの意見を出し合うことにより質の高い医療を提供できるよう取り組んでいます。

  • 栄養サポートチーム
  • 褥瘡対策チーム
  • 緩和ケアチーム
  • 感染制御チーム
  • がん化学療法チーム
  • その他
    • 移植チーム(腎、肝、造血幹細胞)
    • 認知症ケアチーム
    • 精神科リエゾンチーム
    • 周術期チーム
    • がん患者・家族サロン
    • 妊娠とお薬相談室
    • 糖尿病教室肝臓病教室 など

教育・研修

薬学生および薬剤部員の教育・研究を推進し、薬学生と薬剤師の資質向上および倫理的・学術的水準を高めるための継続的な教育研修支援を行っています。

薬学生教育では、臨床現場での薬剤業務を中心とした実務実習を総括し、スケジューリングやスモールグループディスカッション、成果発表会などを担当し医療の担い手となる薬剤師の育成を目指し、薬学生の実務実習を受け入れています。29年度は57名の薬学生が実務実習を行いました。

薬剤部員の研修としては、新人教育、症例検討会、専門薬剤師の養成などに関連した研修会を企画し実施しています。

  • 薬学部

    薬学部
  • 妊娠とお薬相談室

    妊娠とお薬相談室
  • 岩手県がん診療連携協議会

    岩手県がん診療連携協議会