安心・安全への取り組み
Home > 安心・安全への取り組み > 感染症対策

感染症対策

 当院では、医師・看護師をはじめとする全ての職員に対し、手指消毒を基本とした感染対策を義務付けております。患者さまならびにご面会の方々におかれましても、院内感染予防のために下記の感染対策にご協力をお願いいたします。

(1)手指の消毒について

 感染の予防には手の消毒が最も大切です。お部屋への入室の際には、病室の前にある消毒薬で手の消毒をしてください。また、トイレ後はもちろん、食事の前にも、よく手洗いをし、その上で消毒してください。

病室の前に備え付けている自動式の消毒液容器に手をかざして消毒液をとり、手のひらや指先に十分に乾くまで“すりこんで”ください。アルコールを含んでいますので、皮膚に異常がある時は使用を控え、お近くの職員にご相談ください。

(2)咳エチケットについて

【咳エチケットにご協力ください】

  • 咳やくしゃみをする時は、ハンカチやティッシュ、服の袖部分等を用いて口や鼻を被いましょう。
  • 使用したティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。
  • 呼吸症状(咳やくしゃみ)のある方は、マスクをしましょう。
  • 咳やくしゃみをした時は必ず手を洗いましょう。

(3)病棟内での感染症拡大予防について ~インフルエンザや感染性胃腸炎の流行期には~

  • 病棟から外出する際には、必ずナースステーションに声をかけていただくとともに、人の多い場所(売店・食堂・待合室・談話室等)への外出はお控えください。
  • 患者さま同士で食べ物等を他の方にあげることはご遠慮ください。
  • お子さまを守るため、おもちゃは他のお子さまと共有しないでください。
  • 病院からの指示で、部屋の移動やマスクの使用、さらには外出をご遠慮いただく事がありますので、あらかじめご了承の上速やかにご協力ください。