〒020-8505 岩手県盛岡市内丸19-1
019-651-5111(内線3531)
初期研修

Q&A

これからの皆さんの医療人としてのキャリアの基礎固めをする医師卒後臨床研修。しっかりその研修内容を理解して選びたいものです。よく疑問に持たれる内容をQ&Aとしてまとめ掲載いたします。

指導体制はどうなっていますか?
診療科によって異なりますが、基本的には所属した臨床グループの医師が指導医になりますが、2〜4人組で担当医になっていますので、その中でチームの一員として研修してもらいます。医学的なこと、社会人として、プライベートなこと、なんでも相談してください。また、臨床グループごとの垣根はありませんので、所属グループ以外の医師とも交流をもって色々なことをどんどん吸収することができます。
当直について教えてください。
研修医自身の配属診療科の病棟で日当直を担当し、診療科によって異なりますが、1か月に1〜2回程度担当します。この他に、一次・二次救急での当直もあり1か月に3〜4回担当します。宿日直手当は、病棟当直が1回12,500円、一次・二次救急の当直では、1年次で1回20,000円、2年次で1回25,000円を支給します。当院では上級医のバックアップ体制のもと当直を行います。
研修中の出産・育児のサポートはありますか?
研修中に妊娠して、研修休止となる場合、その時点までの研修の到達を確認したうえで、産休(産休・・・産前8週産後8週)の取得が可能です。復帰する際は、産休前までに確認した研修の到達度を踏まえつつ、研修を再開します。必要であれば、事前で到達したものであっても、再履修していくことも可能です。
学会発表の機会はあるのでしょうか。
学会参加は知識を深めるうえでもとても重要と考えておりますので、参加は大歓迎です。実際多くの研修医が学会発表を経験しています。
一旦決まったローテーションを変更できますか。
変更可能です。変更を希望する場合は院内1カ月前、院外は3カ月前までに卒後臨床研修センターへ申し出ることになっています。ただし、受け入れ診療科や受け入れ病院・施設の状況により、希望どおりにならないこともあります。研修開始後も該当科と協議の上変更が可能です。変更を希望する場合は院内1カ月前、院外は3カ月前までに卒後臨床研修センターへ申し出ることになっています。
将来の専門分野を決めていないのですが大丈夫ですか?
全く問題ありません。将来専門とする分野にかかわらず、医療の社会的役割を認識し、基本的な診療能力を身に付けることが肝要です。ですから、専門分野が決まっていないことを焦ることより、多くの診療科で幅広く多くの経験を積み、それを元に将来の専攻分野と関連のある診療科で専門診療の基礎固めをしていくことが必要と考えます。基礎研修の2年間はその基礎となる大事な時期ですから、なるべく幅広く多くの経験をするのが良いでしょう。
病院見学は可能ですか?
当センターでは、医学生を対象に病院見学を実施しております。卒後臨床研修センターや各診療部門等、できる限り学生の希望する内容で見学できるようご案内させていただきます。ご要望により、現役研修医から研修の現状を聞くこともできます。1回の見学につき2泊を限度に宿泊の補助を行っております。詳細は研修センター事務室までお問い合せください。
> 病院見学について