放射線治療

PET・リニアック先端医療センター > 放射線治療

放射線治療

放射線治療の流れ

治療依頼を受け(☎019-651-5111 内線2130:放射線科外来)適応と方針が定まりましたら、治療計画CT(Optima, GE社製:②)、3次元治療計画装置(eclipse, Varian社製; i-plan, Brainlab社製:③)で3次元治療計画(④)を行い、高速画像誘導(ExacTrac, Blainlab社製)リニアック(Clinac iX, Varian社製:⑤)で構成されたシステムを用いて外照射治療を行います(⑥)。放射線治療専門医が外来で副作用とがんの経過観察を行い、紹介元の医療機関へ放射線治療と検査の画像情報を提供します。(①待合室)

  • lineac1
  • lineac2
  • lineac3
  • lineac4
  • lineac5
  • lineac6

当施設では主に外来の患者様を対象に放射線治療を行っております。治療には主治医の先生からの予約が必要になります。予約日に主治医の先生からの紹 介状、資料等をご持参下さい。治療回数は疾患、状態によって様々ですが10回から35回程度のことが多くなっています(通常1日1回照射です)。治療費は 保険診療の場合は下記のようになります。

およその治療回数 保険点数 備考
定位照射 1~5回 63000点 一連での点数です。
乳腺(温存) 25~30回 1420点(外来加算含む) 1回の点数です。
その他再診料が加算されます。
治療計画時に治療管理料、専任加算、管理加算等が別途かかります。(一連で5000~7000点程度)
前立腺以外でも、画像誘導照射の場合、1回につき画像誘導加算300点が加算されます。
前立腺 25~35回 2200点(外来、画像誘導加算含む)
骨転移など 4~25回 940~1900点(外来加算含む)
強度変調照射(IMRT) 35~40回 3400点(外来、画像誘導加算含む)

※1点=10円となっております。

  • 定位照射の場合、保険適応疾患以外は自由診療(自費)になります。詳細はお問い合わせ下さい。
  • 当施設は主に外来の患者様を対象としております。遠方からの通院が困難な方は、岩手医大附属病院に入院して頂きながら当センターで照射を受けることも可能です。

放射線治療の流れ

主治医の先生から予約を取得してもらい、来院日・時間を決める

予約日に紹介状、治療依頼状、画像等を持参して受診

診察、放射線治療について説明

  • 治療担当医が診察し、放射線治療について説明します。
  • 患者様には放射線治療、造影剤使用等の同意書に署名をいただきます。

治療計画用CT撮影

  • 必要に応じて、頭頚部の場合はシェルというお面を作ります。その他患部の固定のため様々な固定具を使用することがあります。
  • 造影剤を使用することがあります。
  • 治療計画に必要なマーキングを行います。
  • 皮膚インク等で体に線を引きますが、治療開始日まで消えないようご注意下さい。
  • 実際の治療開始日、時間をお知らせし、帰宅となります(ここまで2時間程度)。

治療計画、実際の治療

  • 実際の治療は受診日から翌日以降となります。
  • 治療回数は疾患、状態により10回~35回程度、1回の治療時間は10分~15分程度です。(治療時間とは治療室に入ってから、出てくるまでの時間です)
  • 治療初日及び途中治療計画が変更になる場合は治療部のマーキング、位置確認のため30分程度かかることもあります。

治療終了、主治医の先生に紹介状作成

  • 治療終了後、主治医の先生に経過観察を受けていただきます。当院においても経過観察をしていきます。
  • 腫瘍センター

    腫瘍センター
  • 岩手県がん診療連携協議会

    岩手県がん診療連携協議会