臨床試験

PET・リニアック先端医療センター > 臨床試験

臨床試験

臨床試験「転移性脳腫瘍に対する定位放射線照射の遡及的多施設共同研究」のおしらせ

2013年1月から2015年12月までに当院で転移性脳腫瘍に対し脳定位照射を行った患者様へ

 私たちは以下の臨床研究を行っておりますので、皆様にお知らせいたします。

対 象

 2013年1月から2015年12月までに、当院で転移性脳腫瘍に対して定位手術的照射または脳定位放射線治療を受けた患者様

方 法

 本研究では、脳転移に対する放射線治療として国内で最近広まりつつある脳定位放射線治療が従来の定位手術的照射と同等に有効であるか、多数の症例を集積して検討を行うことを目的とします。国内の多施設と共同して当該治療を受けた患者さんの診療記録を研究事務局(国立がん研究センター中央病院 放射線治療科)へ提供し、照射方法と治療成績を統計学的に比較検討します。
 診療記録は匿名化して提供を行い、患者さんの個人情報を厳重に保護し、患者さん、または御遺族には不利益が生じないよう配慮しています。この研究によって得られた情報は研究の目的以外に使用いたしません。研究の成果は、学会や学術雑誌に発表することがありますが、そこに個人名がでることも絶対にありません。個人情報の安全管理と保護には万全を期しますので、どうか調査へのご理解をお願いいたします。この研究は当院倫理審査委員会の承認を受けております(平成29年7月6日: 承認番号H29-58)。
 なお、研究にご協力いただけなくとも、不利益をうけるようなことは一切ありません。研究への同意は放射線治療同意書をもって同意を得られたものとしますが、ご協力いただけない場合はいつでも参加を取り消すことが可能です。参加を望まれない場合、またはこの調査の実施方法や内容について詳しくお知りになりたい方は、お手数ですが、下記連絡先を通じて担当研究者までご連絡下さい。
 本学で発生した雑費等は放射線医学講座の講座研究費を用い、本研究全体でも研究資金を用いる予定はなく、研究成果に不正な偏りが発生することはありません。

担当研究者

 岩手医科大学 医学部放射線医学講座 教授 中村 隆二
 岩手医科大学 医学部放射線腫瘍学科 助教 角原 久夫

連絡先

 岩手医科大学 医学部放射線医学講座 医局
 電話番号: 019-651-5111(代表)

2011年8月から2016年12月までに当院で転移性脳腫瘍に対し脳定位照射を行った患者様へ

 私たちは以下の臨床研究を行っておりますので、皆様にお知らせいたします。

対 象

 2011年8月から2016年12月までに、当院で転移性脳腫瘍に対して定位手術的照射または脳定位放射線治療を受けた患者様

方 法

 本研究では、脳転移に対する放射線治療として広まりつつある脳定位放射線治療において、副作用を避けながら最大限の効果をあげる処方線量と分割回数をあきらかにするために、これまで当院で治療させて頂いた患者さんの照射方法、治療後の経過を集積して検討を行うことを目的とします。
 診療記録は匿名化して提供を行い、患者さんの個人情報を厳重に保護し、患者さん、または御遺族には不利益が生じないよう配慮しています。この研究によって得られた情報は研究の目的以外に使用いたしません。研究の成果は、学会や学術雑誌に発表することがありますが、そこに個人名がでることも絶対にありません。個人情報の安全管理と保護には万全を期しますので、どうか調査へのご理解をお願いいたします。この研究は当院倫理審査委員会の承認を受けております(平成29年11月2日)。
 なお、研究にご協力いただけなくとも、不利益をうけるようなことは一切ありません。研究への同意は放射線治療同意書をもって同意を得られたものとしますが、ご協力いただけない場合はいつでも参加を取り消すことが可能です。参加を望まれない場合、またはこの調査の実施方法や内容について詳しくお知りになりたい方は、お手数ですが、下記連絡先を通じて担当研究者までご連絡下さい。
 本学で発生した雑費等は放射線医学講座の講座研究費を用い、本研究全体でも研究資金を用いる予定はなく、研究成果に不正な偏りが発生することはありません。

担当研究者

 岩手医科大学 医学部放射線医学講座 教授 中村 隆二

連絡先

 岩手医科大学 医学部放射線医学講座 医局
 電話番号: 019-651-5111(代表)

2012年4月から2017年12月までに当院で前立腺癌に対し強度変調放射線治療を受けた患者様へ

 私たちは以下の臨床研究を行っておりますので、皆様にお知らせいたします。

対 象

 2012年4月から2017年12月までに、当院で前立腺癌に対して強度変調性放射線治療を受けた患者様

方 法

 前立腺癌に対する強度変調放射線治療を行う前に、管理栄養士より患者さまへ食事指導を行って腸内ガスを減らす工夫をして頂き、照射時に前立腺の後ろに接する直腸がガスで拡張して治療精度が低下してしまうのを防ぐ試みを開始しました。この方法が真に有効であるかを早い段階で結論を出して次の方法を開発していくために、照射中にとられるCT画像を使って直腸体積を継続して比較する臨床試験を行います。すでに治療が終了した患者さまの放射線治療データを用いて行いますので、この試験に入っても新たな検査などはありませんが、診療記録から必要な情報を取り出して解析しますので本試験を公開します。
 診療記録は匿名化して取り扱い、患者さんの個人情報を厳重に保護し、患者さん、または御遺族には不利益が生じないよう配慮しています。この研究によって得られた情報は研究の目的以外に使用いたしません。研究の成果は、学会や学術雑誌に発表することがありますが、そこに個人名がでることも絶対にありません。個人情報の安全管理と保護には万全を期しますので、どうか調査へのご理解をお願いいたします。この研究は当院倫理審査委員会の承認を受けております(平成29年11月2日)。
 なお、研究にご協力いただけなくとも、不利益をうけるようなことは一切ありません。研究への同意は放射線治療同意書をもって同意を得られたものとしますが、ご協力いただけない場合はいつでも参加を取り消すことが可能です。参加を望まれない場合、またはこの調査の実施方法や内容について詳しくお知りになりたい方は、お手数ですが、下記連絡先を通じて担当研究者までご連絡下さい。
 本学で発生した雑費等は放射線医学講座の講座研究費を用い、本研究全体でも研究資金を用いる予定はなく、研究成果に不正な偏りが発生することはありません。

担当研究者

 岩手医科大学 医学部放射線医学講座 教授 中村 隆二
 岩手医科大学 医学部放射線腫瘍学科 助教 角原 久夫

連絡先

 岩手医科大学 医学部放射線医学講座 医局
 電話番号: 019-651-5111(代表)

  • 腫瘍センター

    腫瘍センター
  • 岩手県がん診療連携協議会

    岩手県がん診療連携協議会