ニュースレターを更新しました

PETとリニアックによるがん放射線診療に万全の陣容で取り組んでいます

PET/CTは細胞の糖代謝率と病巣の形態を融合した断層画像を用いてがんを検出します。1回の検査で全身を俯瞰しながら潜在・進行するがんの局在情報を提供して抗がん治療をup to dateします。リニアックの画像誘導システムは2013年に更新され0.1mmレベルで精度を管理します。従来の3D原体照射はもとより体幹部定位照射、IMRTなどの高精度放射線治療の品質を保証します。

センターのあゆみ

2010.12.06開院。PET検査を開始する。
2011.03.1114時46分以後PET検査中止。
2011.05.16PET検査再開。放射線治療を開始。
2011.08.08脳定位照射を開始。
2011.08.12肺定位照射を開始。
2012.04.09前立腺癌に対するIMRTを開始。
2013.01.15フレームレス脳定位照射を開始。
2013.06.27頭頸部癌に対するIMRTを開始。
2014.06.30FDGデリバリが1日3回となる。
2016.10.01附属病院と組織統合。
  • 腫瘍センター

    腫瘍センター
  • 岩手県がん診療連携協議会

    岩手県がん診療連携協議会