附属病院の概要
Home > 附属病院の概要 > 臨床指標 > 平成28年度DPC臨床指標

平成28年度DPC臨床指標


平成28年度 岩手医科大学附属病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1648 755 658 1175 1723 2580 4776 4381 2413 189

当院は60代、70代の患者が最も多く、60代以上の患者が全体の約60%を占めています。また、岩手県内では唯一の総合周産期母子医療センターであるため、10歳未満の患者数も非常に多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

消化管内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060020xx
04x0xx
胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、
十二指腸ポリープ・粘膜
切除術 手術・処置等2 なし
138 8.38 9.02 0 71.86
060340xx
03x00x
胆管(肝内外)結石、胆管
炎 限局性腹腔膿瘍手術等
手術・処置等2 なし 定義
副傷病 なし
86 12.8 11.06 0 68.59
060010xx
02x00x
食道の悪性腫瘍(頸部を含
む。) 内視鏡的食道粘膜切
除術等 手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
40 9.47 9.91 0 69.08
060035xx
03xxxx
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫
瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下
層剥離術
37 10.22 7.53 0 69.84
060035xx
04xxxx
小腸大腸の良性疾患(良性腫
瘍を含む。) 早期悪性腫瘍
大腸粘膜下層剥離術
35 9.89 7.38 0 69.57

消化器内科消化管分野における疾患として、消化器領域では早期胃癌、胆膵領域では胆管結石の患者数が多いのが特徴です。その他の疾患として、食道疾患、大腸疾患、小腸疾患も数多く取り扱っています。早期胃癌治療の平均在院日数は8.4日、胆管結石治療の平均在院12.8日です。


心血管・腎・内分泌内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx
991x0x
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎
炎・慢性腎不全 手術なし 手術・
処置等1 あり 定義副傷病 なし
43 5.53 7.58 0 50.72
110280xx
99000x
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎
炎・慢性腎不全 手術なし 手術・
処置等1 なし 手術・処置等2
なし 定義副傷病 なし
41 4 12.84 0 47.37
110260xx
99x0xx
ネフローゼ症候群 手術なし 手
術・処置等2 なし
32 20.88 22.67 3.13 65.16
050140xx
99x00x
高血圧性疾患 手術なし 手術・
処置等2 なし 定義副傷病 なし
14 8.93 9.3 0 49.43
100180xx
99000x
副腎皮質機能亢進症、非機能性
副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・
処置等1 なし 手術・処置等2
なし 定義副傷病 なし
- - 6.12 - -

心血管・腎・内分泌内科では、腎・内分泌疾患を幅広く診療していますが、尿所見異常を理由に受診される患者様が多いことを背景に、慢性腎炎/腎不全例が最も多く入院されています。腎疾患や高血圧症は心臓、血管病を伴うことがしばしばあるため、これらの循環器疾患にも対応しています。2次性高血圧や内分泌疾患で入院される方も少なくなく、放射線科や外科と連携し、最善の医療を患者様に提供できるよう心がけております。


呼吸器・アレルギー・膠原病内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx
9910xx
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術
処置1あり 手術処置2なし
185 4.6 3.68 1.08 68.61
040040xx
99040x
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術
処置1なし 手術処置2-4あ
り 定義副傷病名なし
100 11.6 12.35 0.97 69.6
070560xx
99x0xx
全身性臓器障害を伴う自己免疫
性疾患 手術なし 手術・処置等
2 なし
51 18.06 17.77 1.96 48.61
040040xx
9905xx
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・
処置等1 なし 手術・処置等2
5あり
42 25.62 19.24 7.14 66.71
040040xx
9906xx
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・
処置等1 なし 手術・処置等2
6あり
28 20.21 19.34 0 65.46

最上段は主に気管支鏡検査の症例数で、肺がんを疑われた患者さんの確定診断のために行われます。気管支鏡検査を外来で行うことがありますが、出血が予想される処置がある場合、安全を考え2泊3日の入院で行っています。2列目は入院化学療法を表しています。新たな化学療法の1サイクル目投与時は副作用の程度を判断するため入院で行っていますが、2サイクル目からは原則外来です。地理的な都合で2サイクル目以降も入院で化学療法を行う時があります。


神経内科・老年科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xx
xxx40x
免疫介在性・炎症性ニューロ
パチー 手術・処置等2 4あり
定義副傷病 なし
57 10.26 18.04 7.02 59.16
010060×2
990401
脳梗塞(脳卒中発症3日目以内
、かつ、JCS10未満) 手術な
し 手術処置1なし 手術処置
2-4あり 定義副傷病名なし
発症前Rankin Scale 0、1又
は2
49 17.1 16.54 20.41 68.76
010130xx
99x4xx
重症筋無力症 手術なし 手術・
処置等2 4あり
36 7.72 20.62 0 53.47
010160xx
99x10x
パーキンソン病 手術なし 手術
・処置等2 あり 定義副傷病 な
31 27.26 21.15 3.23 63.45
010155xx
xxx00x
運動ニューロン疾患等 手術・
処置等2 なし 定義副傷病 なし
23 23.61 14.14 17.39 71.04

東北地方、岩手県における中核となる大学病院の使命として、外科手術が必要とされるさまざまな循環器疾患を緊急患者も含め受け入れる方針としています。疾患別には近年、高齢化社会を背景に、手術年齢の高齢化や大動脈弁狭窄症に代表される高齢化に伴う変性疾患が増加傾向にあるといえます。また、急性心筋梗塞や動脈瘤破裂、急性大動脈解離など緊急を要する患者においては循環器内科と協力のもと、24時間、365日、常に受け入れる体制をとっています。


糖尿病・代謝内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx
99×100
2型糖尿病(糖尿病性ケ
トアシドーシスを除く。)
(末梢循環不全あり。)
手術なし 手術処置2-
1あり 定義副傷病名なし
85歳未満
71 15.35 14.91 1.41 60.86
100071xx
99×000
2型糖尿病(糖尿病性ケト
アシドーシスを除く。)(
末梢循環不全あり。) 手
術なし 手術処置2なし
定義副傷病名なし 85歳未
37 10.05 12.2 0 57.14
100070xx
99×100
2型糖尿病(糖尿病性ケトア
シドーシスを除く。)(末梢
循環不全なし。) 手術なし
手術処置2-1あり 定義
副傷病名なし 85歳未満
32 14.38 14.61 0 61.56
100070xx
99×000
2型糖尿病(糖尿病性ケトア
シドーシスを除く。)(末梢
循環不全なし。) 手術なし
手術処置2なし 定義副傷
病名なし 85歳未満
29 8.79 11.48 0 54
100040xx
xxx00x
糖尿病性ケトアシドーシス、
非ケトン昏睡 手術・処置等
2 なし 定義副傷病 なし
11 16.64 13.78 9.09 44.55

糖尿病・代謝内科では2型糖尿病の入院が大多数を占めております。一口に2型糖尿病で入院といってもその目的は、教育入院、手術前の調整、治療の立て直しなど多岐にわたります。また最近では、2泊3日の週末短期入院を開始し、従来は多忙で入院できなかった方も多数入院されるようになりました。その他、1型糖尿病のインスリンポンプ導入や妊娠糖尿病の周産期血糖管理など、専門医療機関ならではの治療も、近隣の先生方からご紹介いただき、積極的に取り組んでおります。


血液腫瘍内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx
97x2xx
急性白血病 手術あり 手術・
処置等2 2あり
46 48.28 41.96 0 46.61
130030xx
97x40x
非ホジキンリンパ腫 手術あ
り 手術・処置等2 4あり
定義副傷病 なし
40 28.43 34.9 0 64.42
130030xx
97x3xx
非ホジキンリンパ腫 手術あ
り 手術・処置等2 3あり
25 28.84 36.08 8 53.8
130030xx
97x41x
非ホジキンリンパ腫 手術あ
り 手術・処置等2 4あり
定義副傷病 あり
16 48.94 53.85 0 61.88
130030xx
99x40x
非ホジキンリンパ腫 手術な
し 手術・処置等2 4あり
定義副傷病 なし
15 23.67 16.83 0 69

 当院では毎年新規診断の急性白血病が約30例、悪性リンパ腫が約100例、骨髄腫が約25例あり、岩手県では最も多く、東北地方および全国の大学病院と比較しても多い症例数を有しています。診断時に病理組織検査をはじめ、骨髄塗抹標本の形態学的検討、細胞表面マーカー検査、染色体検査、遺伝子検査を行い、総合的に診断しています。また病理診断科や検査部スタッフとも密に連携を取りながら症例検討を行っており、入院症例に関しては全例において血液腫瘍内科カンファレンスで検査結果や治療法が検討され、患者さんにとって最良と考えられる治療が選択され実施されています。また再発や難治症例についても県内外の関連病院を中心に紹介いただき、臨床治験を含めサルベージ療法、および自家もしくは同種の造血幹細胞移植の治療を積極的に行っています。

 

肝臓内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx
97x0xx
肝・肝内胆管の悪性腫瘍(
続発性を含む。) その他の
手術あり 手術・処置等2
なし
193 14.67 11.74 4.15 71.28
060050xx
0300xx
肝・肝内胆管の悪性腫瘍(
続発性を含む。) 肝悪性腫
瘍ラジオ波焼灼療法(一連
として)等 手術・処置等1
なし 手術・処置等2 なし
69 11.22 8.7 1.45 71.46
060050xx
0310xx
肝・肝内胆管の悪性腫瘍(
続発性を含む。) 肝悪性腫
瘍ラジオ波焼灼療法(一連
として)等 手術・処置等1
あり 手術・処置等2 なし
47 16.62 15.96 0 67.47
060300xx
97100x
肝硬変(胆汁性肝硬変を含む
。) その他の手術あり 手術
・処置等1 あり 手術・処置
等2 なし 定義副傷病 なし
33 12.91 14.28 0 61.21
060300xx
99x00x
肝硬変(胆汁性肝硬変を含む
。) 手術なし 手術・処置等
2 なし 定義副傷病 なし
32 10.53 13.5 3.13 61.81

肝臓内科では、外科、放射線科、病理診断科や他の提携病院と密に連携しながら肝臓がんの治療を行っております。岩手県内外からの紹介により、平成28年度の肝がん入院患者総数は400例を超えており、東北でも有数の肝がん診療実績と豊富な治療経験があります。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx
01000x
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫
瘍 結腸切除術 全切除、亜
全切除又は悪性腫瘍手術等
手術処置1なし 手術処置2
なし 定義副傷病名なし
85 12.87 15.92 1.18 70.92
060040xx
02x00x
直腸肛門(直腸S状部から肛
門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍
手術 切除等 手術・処置等2
なし 定義副傷病 なし
64 15.38 17.98 4.69 65
060020xx
02x0xx
胃の悪性腫瘍 腹腔鏡下胃切除
術 悪性腫瘍手術等 手術・処
置等2 なし
63 17.25 17.65 4.76 70.14
060010xx
99x41x
食道の悪性腫瘍(頸部を含む。
) 手術なし 手術・処置等2
4あり 定義副傷病 あり
58 19.52 16.71 0 67.03
060010xx
99x40x
食道の悪性腫瘍(頸部を含む。
) 手術なし 手術・処置等2
4あり 定義副傷病 なし
55 16.44 9.82 1.82 67.95


脳神経外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040×0
99x00x
非外傷性頭蓋内血腫(非外傷
性硬膜下血腫以外)(JCS10
未満) 手術なし 手術・処置
等2 なし 定義副傷病 なし
48 14.29 19.35 81.25 68.06
010010xx
01x00x
脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等
手術・処置等2 なし 定義副
傷病 なし
41 23.63 22.47 17.07 58.46
010070xx
01x20x
脳血管障害 脳血管内手術等
手術処置2-2あり 定義
副傷病名なし
36 19.67 20.52 8.33 69.97
010030xx
01x00x
未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部
クリッピング等 手術・処置等
2 なし 定義副傷病 なし
35 15.37 15.99 0 62.03
010070xx
9912xx
脳血管障害 手術なし 手術
処置1あり 手術処置2-2
あり
31 6.32 5.52 0 70

当科では、脳血管障害から脳腫瘍まで幅広く診療しています。非外傷性頭蓋内血腫では、高血圧性脳内出血などの急性期治療を行っております。脳腫瘍は良性と悪性の両腫瘍に対応し、悪性脳腫瘍では手術後の化学療法なども行っております。また、全国規模の悪性脳腫瘍の研究に参加しています。脳血管障害の分野では、内頚動脈狭窄症に対し血栓内膜摘出術を、もやもや病に対し血行再建術を行うなど、様々な疾患に対応しています。


小児外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx
97xxxx
停留精巣 手術あり 11 3.45 3.29 0 3.36
060150xx
03xxxx
虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲
膿瘍を伴わないもの等
- - 5.6 - -
11013xxx
97xxxx
下部尿路疾患 その他の手術あり - - 9.1 - -
11022xxx
02xxxx
男性生殖器疾患 陰嚢水腫手術
- - 4.91 - -
060170xx
02xxxx
閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニ
ア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘル
ニア等
- - 8.57 - -

当科は扱う臓器が多いことから手術も非常に多岐にわたっています。表において最も多い停留精巣は、早期手術が望ましいことが小児科医に広く知られるようになり、近年紹介数が増えてきており、年齢も若年化がみられています。二番目と表最下段の虫垂炎(俗にいう「盲腸」)ですが、当科では炎症が中等度までのものは、傷の小さい単孔式腹腔鏡下虫垂切除術を行っています。一方腹膜炎に進行した症例に対しては、周術期合併症の少ない待機的虫垂切除術を行っています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx
01xxxx
肘、膝の外傷(スポーツ障害等
を含む。) 腱縫合術等
69 16.42 11.91 1.45 24.78
070010xx
010x0x
骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を
除く。) 四肢・躯幹軟部腫瘍摘
出術等 手術・処置等1 なし 定
義副傷病 なし
44 5.18 5.94 0 46.64
070230xx
01xxxx
膝関節症(変形性を含む。) 人
工関節再置換術等
34 27.44 26.26 26.47 73.38
070160xx
01xxxx
上肢末梢神経麻痺 手根管開放手
術等
30 5.33 5.69 0 58.47
07040xxx
01xxxx
股関節骨頭壊死、股関節症(変形
性を含む。) 人工関節再置換術
28 30.54 24.42 46.43 62.57

プロのサッカーチームやラグビーチームのチームドクターを担当していることからスポーツ外傷による靭帯損傷や半月板損傷の手術症例を数多く取り扱っています。関節等の手術症例が多く、リハビリテーション科とも連携して早期の軽快を目指しています。重篤な合併症をもつ患者さんも少なくありませんが、他科とも連携して安全・安心・最良の医療を提供できることを信条としています。


形成外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140140xx
xxxxxx
口蓋・口唇先天性疾患 78 9.14 9.91 0 6.59
080180xx
99xxxx
母斑、母斑症 手術なし 59 2.98 3.26 0 4.59
160200xx
0200xx
顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含
む。) 鼻骨骨折整復固定術等
手術・処置等1 なし 手術・処
置等2 なし
44 6.84 5.8 4.55 26.95
090010xx
05xxxx
乳房の悪性腫瘍 組織拡張器に
よる再建手術(一連につき)
乳房(再建手術)の場合等
36 5.94 7.91 0 49.94
080007xx
010xxx
皮膚の良性新生物 皮膚、皮下
腫瘍摘出術(露出部)等 手術
・処置等1 なし
30 5.27 4.28 0 31.7

形成外科では外傷(顔面軟部組織損傷、顔面骨骨折、切断指再接着など)、先天異常(口唇裂、口蓋裂、頭蓋骨早期癒合症、小耳症、多指症、合指症、漏斗胸など)、頭頸部癌や乳癌切除後の再建、皮膚軟部組織腫瘍(良性・悪性)、母斑、血管腫、難治性潰瘍(褥瘡、糖尿病性足壊疽など)、瘢痕・ケロイド、眼瞼下垂など、形成外科の対象となるほぼ全ての領域の疾患を対象に年間1,100例を超える手術治療を行っています。


呼吸器外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx
97x0xx
肺の悪性腫瘍 手術あり 手術
・処置等2 なし
171 12.42 12.73 0 67.92
040200xx
01x00x
気胸 肺切除術等 手術・処置
等2 なし 定義副傷病 なし
30 10.03 10.09 6.67 45.03
040040xx
99040x
肺の悪性腫瘍 手術なし 手
術処置1なし 手術処置2-
4あり 定義副傷病名なし
16 5.25 12.35 0 66.38
040010xx
01x0xx
縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の
悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等
手術・処置等2 なし
- - 11.61 - -
040010xx
97x0xx
縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の
悪性腫瘍 その他の手術あり
手術・処置等2 なし
- - 10.22 - -

治療対象疾患の主体は原発性肺癌です。根治を目指した手術を第一に考えています。気胸に対する治療の多くは若年者に多い自然気胸ですが、他院で手におえない続発性気胸の手術も多く手掛けています。手術後に化学療法導入が必要な患者様に対して2泊3日の入院の後、外来化学療法に移行しています。

縦隔腫瘍も多く、胸腺腫摘出なども胸腔鏡で行っています。


産婦人科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx
99x40x
子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術
なし 手術・処置等2 4あり
定義副傷病 なし
219 4.64 5.12 0 55.23
140010×1
99x00x
妊娠期間短縮、低出産体重に
関連する障害(出生時体重25
00g以上) 手術なし 手術・処
置等2 なし 定義副傷病 なし
165 7.5 6.18 0 0
12002xxx
01x0xx
子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮
悪性腫瘍手術等 手術・処置等
2 なし
111 15.1 13.29 1.8 54.39
120180xx
01xxxx
胎児及び胎児付属物の異常 子
宮全摘術等
97 13.57 9.88 0 33.45
120170xx
99x0xx
早産、切迫早産 手術なし 手術
・処置等2 なし
67 37.33 20.79 65.67 32.13

当科では悪性腫瘍患者数が全国でもトップレベルとなっています。岩手県内のみならず、近隣県からも多数の患者が紹介となっております。また、当科は岩手県の周産期母子医療を担う総合周産期母子医療センターとして、重症例を多く受け入れています。


小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xx
xxxx0x
下気道感染症(その他) 定義
副傷病 なし
40 4.88 6.02 0 2.38
010230xx
99x00x
てんかん 手術なし 手術・処置
等2 なし 定義副傷病 なし
39 6.92 7.12 0 5.1
150010xx
xxx0xx
ウイルス性腸炎 手術・処置等2
なし
34 4.62 5.5 0 4.68
130080xx
97x00x
再生不良性貧血 手術あり 手術・
処置等2 なし 定義副傷病 なし
22 2.41 12.11 0 14.36
150040xx
xxx0xx
熱性けいれん 手術・処置等2
なし
21 4.86 3.95 0 1.57


耳鼻咽喉科・頭頸部外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030440xx
01xxxx
慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫
鼓室形成手術
82 9.77 9.36 1.22 41.28
030150xx
97xxxx
耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺
の腫瘍 手術あり
64 9.5 7.75 1.56 56.83
03001xxx
01000x
頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手
術等 手術・処置等1 なし 手術
・処置等2 なし 定義副傷病 な
57 21.12 14.06 1.75 66.4
03001xxx
99x3xx
頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・
処置等2 3あり
40 72.33 37.93 2.5 62.85
030230xx
xxxxxx
扁桃、アデノイドの慢性疾患 32 8.69 5.5 0 16.66

耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、北東北で最多の頭頸部癌症例の診療を行っています。最近では中咽頭癌症例の増加などから化学放射線治療を用いて臓器・機能の温存を図る症例が増加する一方、形成外科と協同で進行癌症例に対して再建術を含めた拡大手術も行っています。耳下腺腫瘍など唾液腺の手術も多く扱っています。病棟での嚥下リハビリを含め、治療後の患者さんのQOL(生活の質)を高める試みを行い効果を上げています。


眼科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx
97xxx0
網膜剥離 手術あり 片眼 327 7.14 10.53 0 56.76
020220xx
97xxx0
緑内障 手術あり 片眼 155 11.32 9.15 0 66.07
020180xx
97x0x0
糖尿病性増殖性網膜症 手術あ
り 手術・処置等2 なし 片眼
125 8.36 8.27 0 56.1
020200xx
9710xx
黄斑、後極変性 手術あり 手術
・処置等1 あり 手術・処置等
2 なし
111 6.31 7.72 0 68.19
020290xx
97xxxx
涙器の疾患 手術あり 111 3.8 5.16 0 63.29

岩手県では硝子体手術を行う施設が限られているため、県内各所から網膜疾患の症例が集まります。また、緑内障、涙道疾患の症例も多く集まっています。


皮膚科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx
01x0xx
皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)
皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・
処置等2 なし
88 13.64 8.78 1.14 76.75
080007xx
010xxx
皮膚の良性新生物 皮膚、皮下
腫瘍摘出術(露出部)等 手術
・処置等1 なし
50 5.9 4.28 0 37.98
080005xx
01x0xx
黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等
手術・処置等2 なし
35 19.29 14.87 0 70.66
080005xx
99x1xx
黒色腫 手術なし 手術・処置等
2 あり
27 14.19 9.98 3.7 66.22
080006xx
97x0xx
皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)
その他の手術あり 手術・処置
等2 なし
22 13.95 10.6 0 75.91

当科には皮膚悪性腫瘍をはじめ様々な皮膚疾患の患者さんが岩手県、近隣の県から来院します。最も多い入院は皮膚悪性腫瘍の手術の患者さんですが、色素性母斑や脂腺母斑などの皮膚良性腫瘍の手術を行う患者さんも数多く入院します。アトピー性皮膚炎や急性膿皮症、水疱症など腫瘍以外の患者さんの入院治療も幅広く行っています。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx
040x0x
上部尿路疾患 体外衝撃波腎・
尿管結石破砕術(一連につき)
手術・処置等1 なし 定義副傷
病 なし
151 2.18 2.82 0 57.4
110080xx
01x0xx
前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性
腫瘍手術等 手術・処置等2 な
88 12.19 13.39 0 64.75
110070xx
0200xx
膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術
経尿道的手術 手術・処置等1
なし 手術・処置等2 なし
86 8.1 7.44 0 70.57
11001xxx
01x0xx
腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍
手術等 手術・処置等2 なし
49 10.8 12.52 0 64.08
110080xx
9906xx
前立腺の悪性腫瘍 手術なし
手術処置1なし 手術処置
2-6あり
46 4.09 4.27 0 66.98

尿路結石症や前立腺肥大症といった良性疾患から、腎・尿路のがん疾患に至るまで、幅広く診療を行っています。特にがん疾患については、岩手県下の中核施設として、さまざまな高度治療を展開しております。その中でも、前立腺がんと早期腎がんに対する、手術支援ロボットを用いた治療が盛んに行われており、治療目的に入院される患者様が増加傾向です。


放射線科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx
99030x
脳腫瘍 手術なし 手術処置1
なし 手術処置2-3あり 定
義副傷病名なし
21 6.81 9.6 0 58.95
090010xx
99x2xx
乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術
・処置等2 2あり
11 32.27 30.85 0 57.73
110080xx
9902xx
前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手
術・処置等1 なし 手術・処置
等2 2あり
11 46.82 26.25 0 68.36
110080xx
99030x
前立腺の悪性腫瘍 手術なし
手術処置1なし 手術処置2-
3あり 定義副傷病名なし
- - 15.07 - -
180040xx
02x0xx
手術・処置等の合併症 内シャン
ト血栓除去術等 手術・処置等2
なし
- - 3.44 - -

 脳腫瘍、乳房・前立腺の悪性腫瘍に関しては、放射線治療の適応分と思われます。
血栓除去・肝および胆管腫瘍は、診断科IVRの症例と思われます。


麻酔科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070350xx
99xxxx
椎間板変性、ヘルニア 手術なし 10 13.6 9.13 0 50.5
010120xx
99xxxx
特発性(単)ニューロパチー 手
術なし
- - 6.92 - -
070343xx
99x00x
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)
腰部骨盤、不安定椎 手術なし
手術・処置等2 なし 定義副傷
病 なし
- - 11.16 - -
070343xx
99x20x
脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)
腰部骨盤、不安定椎 手術なし
手術・処置等2 2あり 定義副傷
病 なし
- - 6.92 - -
070180xx
99xx1x
脊椎変形 手術なし 定義副傷病 あ
- - 9.5 - -


救急科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx
99000x
心不全 手術なし 手術・処置等1
なし 手術・処置等2 なし 定義副
傷病 なし
48 24.9 17.95 29.17 82.33
160100xx
97x00x
頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あ
り 手術・処置等2 なし 定義副傷
病 なし
46 5.89 9.87 19.57 67.52
010060×2
990401
脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、か
つ、JCS10未満) 手術なし 手術
処置1なし 手術処置2-4あり
定義副傷病名なし 発症前Rankin
Scale 0、1又は2
40 15.7 16.54 75 71.53
160100xx
99x00x
頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・
処置等2 なし 定義副傷病 なし
39 6.56 7.52 28.21 50.28
160800xx
01xxxx
股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入
術 肩、股等
34 20.88 27.63 88.24 70.97

救急科の診療母体である岩手県高度救命救急センターは、近隣の1次および2次救急症例、岩手県内各地の3次救急症例の診療に従事しております。近年交通外傷の減少に伴って内因性疾患症例が増加し、特に心不全や脳血管疾患(脳出血や脳梗塞等)が増加しております。また外傷について、重症の頭部外傷に関しては当センターの様に経験豊富な脳神経外科医が複数常駐する施設が搬送対象となるため、症例数が増加しています。さらに高齢者の増加によって、主に転倒を原因とする大腿骨頸部骨折が増加しております。


睡眠医療科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010300xx
xxxxxx
睡眠障害 33 2.27 4.34 0 28.67


循環器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx
99100x
狭心症、慢性虚血性心疾患 手
術なし 手術・処置等1 1あり
手術・処置等2 なし 定義副傷
病 なし
305 3.16 3.06 0 66.44
050050xx
02000x
狭心症、慢性虚血性心疾患 経
皮的冠動脈形成術等 手術処置
1-なし、1,2あり 手術処置
2なし 定義副傷病名なし
299 3.89 4.71 1 68.5
050070xx
01x0xx
頻脈性不整脈 経皮的カテーテル
心筋焼灼術 手術・処置等2 なし
165 5.87 5.51 0 59.37
050030xx
97000x
急性心筋梗塞(続発性合併症を含
む。)、再発性心筋梗塞 その他の
手術あり 手術・処置等1 なし、
1あり 手術・処置等2 なし 定義
副傷病 なし
109 10.98 13.02 4.59 68.13
050080xx
9910xx
弁膜症(連合弁膜症を含む。) 手
術なし 手術・処置等1 1あり 手
術・処置等2 なし
89 9 6.03 1.12 70.51

 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)のカテーテル治療件数は、大学病院として国内有数、北東北3県で最多です。治療困難な患者さんが、超最新治療を求めて集まります。入院カテーテル検査が症例数1位ですが、同規模の施設より実数として極めて少ない(治療数の総和より少ない)ことが特長です。CT検査などで冠動脈狭窄の診断がつき、外来カテーテル検査も行っているためで、病院を選ぶ際の「循環器医療の成熟度の基準」とお考えください。不整脈のアブレーションは新たな専門医のもと積極的に行われ、北東北で唯一可能である経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)や優秀な心臓外科医の手術を求め、北東北三県から弁膜症治療の相談を受け、入院検査をしています。


心臓血管外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx
01010x
弁膜症(連合弁膜症を含む。)
ロス手術(自己肺動脈弁組織に
よる大動脈基部置換術)等 手術
・処置等1 なし 手術・処置等2
1あり 定義副傷病 なし
100 32.27 24.7 7 64.31
050163xx
03x10x
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤
ステントグラフト内挿術 手術・
処置等2 1あり 定義副傷病 なし
48 26.46 16.98 2.08 75.73
050163xx
02x1xx
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤
大動脈瘤切除術(吻合又は移植
を含む。) 腹部大動脈(分枝
血管の再建を伴うもの)等 手術
・処置等2 1あり
34 25.47 21.94 2.94 68.32
050050xx
0101xx
狭心症、慢性虚血性心疾患 心室
瘤切除術(梗塞切除を含む。)
単独のもの等 手術・処置等1
なし 手術・処置等2 1あり
30 32.33 23.36 16.67 66.27
050080xx
9900xx
弁膜症(連合弁膜症を含む。)
手術なし 手術・処置等1 なし
手術・処置等2 なし
29 16.69 13.52 6.9 63.93

虚血性心疾患に代表される冠動脈バイパス術、弁膜症に対する人工弁置換術や形成術、動脈瘤に対する人工血管置換術やステント治療、そして先天性心疾患に対する心臓血管外科治療はすべての分野にわたり幅広く手術が行われている現状です。そうした中、今後は低侵襲外科治療も導入し、患者にとってより負担の少ないそして短期間での入院治療を行っていく方針です。


循環器小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx0
9910xx
先天性心疾患(動脈管開存症、
心房中隔欠損症を除く。)(1
歳以上) 手術なし 手術・処置
等1 あり 手術・処置等2 なし
54 4.17 4.39 0 7.44
14029xxx
97x0xx
動脈管開存症、心房中隔欠損症
その他の手術あり 手術・処置等
2 なし
16 6.44 6.45 0 8.19
14031xx0
04x0xx
先天性心疾患(動脈管開存症、
心房中隔欠損症を除く。)(1歳
以上) 経皮的肺動脈形成術等 手
術・処置等2 なし
16 4.5 5.91 0 3.25
14031xx1
9910xx
先天性心疾患(動脈管開存症、心
房中隔欠損症を除く。)(1歳未
満) 手術なし 手術・処置等1 あ
り 手術・処置等2 なし
11 4.73 4.62 0 0
14031xx1
02x1xx
先天性心疾患(動脈管開存症、心
房中隔欠損症を除く。)(1歳未
満) ファロー四徴症手術等 手術
・処置等2 あり
- 48.9 40.41 - -

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 179 22 21 42 22 22 1 7
大腸癌 85 32 108 45 36 36 1 7
乳癌 49 59 13 - 15 15 1 7
肺癌 95 33 70 142 41 41 1 6.7
肝癌 22 42 39 - 18 18 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

我が国において、罹患患者数が多い胃・大腸・乳房・肺・肝臓の各種がんについて、病期(ステージ)別の患者数を示したものです。当院では肺、肝、大腸の順に患者数が多く、都道府県がん診療連携拠点病院として、初発の早期発見症例はもちろん、進行がん、再発症例についても幅広く取り扱っています。

また、手術等の治療だけではなく、緩和ケアにも対応しており、QOLに合わせた総合的なチーム医療を提供しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 47 12.32 73.68
重症 20 10.85 78.3
超重症 19 18.53 82.21
不明 - - -

市中肺炎とは、日常生活を送る中で発症する肺胞の急性炎症を指します。原因菌の多くは肺炎球菌、インフルエンザ桿菌であり、可能な限り早期に抗菌薬を投与する必要があります。

重症度はA-DROPスコアという年齢、性別、脱水の有無、意識障害の有無、血圧の低下の有無による分類法により確定しています。

高齢になるほど重症化し、入院が長期化する傾向があり、平成28年度は96件の診療実績があります。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - 16 9.69 71.25 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 254 19.21 72.26 49.46
その他 23 20.09 67.87 4.33
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 72 11.92 70.04 1.39
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - 10 11.4 53.3 10
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - 20 15 40.5 15
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

消化管内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 233 0.91 1.25 0 64.88
K6532 内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫 139 1.42 5.96 0 71.8
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 85 2.06 6.88 0 70.07
K688 内視鏡的胆道ステント留置術(ERBD) 50 3.52 18 10 65.64
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 37 1.24 7.38 0 68.32

内視鏡的治療としては内視鏡的大腸ポリープ切除術が最も多く、患者数は年間233例、平均術後入院日数は1.3日です。比較的小さなポリープやポリープ散在例では基本的に1泊2日の入院治療を行っております。その他の内視鏡的手技として、食道表在癌と早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、早期大腸癌に対する内視鏡的粘膜切除術(EMR)・ESD、および内視鏡的胆道ステント留置術を数多く試行しています。内視鏡的胆道ステント留置術の平均入院日数は7.4日、それ以外の内視鏡治療は6.0日〜6.9日です。以上のように、消化管の早期癌に対する内視鏡治療が消化管内科の主な治療手技です。


呼吸器・アレルギー・膠原病内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K508-3 気管支熱形成術 10 1 1.1 0 61.7
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3㎝未満) - - - - -
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -

気管支熱形成術は難治性喘息に行う気管支サーモプラスティーという手技です。気管支鏡を用いて電極付きカテーテルを気管支にあてることによって喘息症状が改善します。治療は3ブロックに分けて1ブロックずつ3週間あけて行います。


血液腫瘍内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 34 24.76 27.29 2.94 57.32
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 17 22.53 16.53 0 59.53
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) 13 19.69 9.85 7.69 54.15
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K6262 リンパ節摘出術(長径3㎝以上) - - - - -

 当院では外科と連携を取りながら積極的かつ迅速にリンパ節生検を行い、また病理診断科と密に連絡を取りながら十分な検証のもとで診断を行っています。がん薬物療法の施行においては点滴による多剤療法が多く、十分な支持療法が必要であることがほとんどなので、必要症例には放射線科と連携を図りながら埋込型の中心静脈カテーテルを迅速に挿入、患者さんの安全性と利便性を十分に保ちながら治療を行っています。また自家移植および同種移植においては症例数が近年極めて増加傾向にあります。移植症例については血液腫瘍内科でのカンファレンスを行い、さらには血液腫瘍内科だけにとどまらず治療に関連する他科の医師(精神科医、歯科医、他)および多職種のスタッフ(看護師、薬剤師、歯科衛生士、栄養士、理学療法士)とともに合同カンファレンスを行い、しっかりとした情報共有のもとで積極的なチーム医療を展開しております。


肝臓内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 224 1.94 12.36 1.34 70.49
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートル以内のもの その他のもの 48 2.35 7.42 2.08 72.35
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 32 4.97 22.53 6.25 65.41
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として) 2センチメートルを超えるもの その他のもの 26 3.65 8.31 0 69
K533 食道・胃静脈瘤硬化療法(内視鏡) 21 2.29 9.57 0 58.62

肝臓がんに対する治療の中でも当院が積極的に行っているのが、腫瘍に電極針を挿入し、高周波で誘電加熱し、がんを凝固壊死させるラジオ波焼灼術と、がんに栄養を運んでいる血管を人工的に塞いで、がんを兵糧攻めにする肝動脈化学塞栓術です。また、がん細胞が持っている特定の遺伝子やタンパク質を狙い撃ちする分子標的治療や、足の付け根などの血管から管を挿入し、肝臓がんに直接薬剤を到達させる肝動注化学療法も行っており、個々の病態に応じて最先端の診断・治療技術を駆使し、安全で質の高い肝がん診療を提供しています。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 92 4.39 9.02 2.17 70.85
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 55 2.35 16.65 1.82 61.82
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 55 5.47 13.67 5.45 70.4
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴 54 1.02 3.22 0 55.74
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・腋窩部郭清を伴わない 37 1 6.35 0 61.3


脳神経外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 67 7.06 31.88 16.42 54.39
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 55 1.98 22.91 25.45 61.95
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 31 6.19 11.61 3.23 71.23
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 27 3.44 17.78 11.11 64.78
K154-3 定位脳腫瘍生検術 24 5.5 76.54 33.33 70

頭蓋内腫瘍摘出術では、より安全確実に手術を行うために必要に応じて、ナビゲーションシステムで腫瘍の場所を適切に判断したり、手術中に症状を見ながら行う覚醒下腫瘍摘出術を行っています。脳動脈瘤頸部クリッピング術は破裂脳動脈瘤や未破裂脳動脈瘤に対して行われ、当院ではクリッピング術を第一選択としています。動脈血栓内膜摘出術は内頚動脈狭窄に対し行いますが術前検査を詳細に行い、手術適応を決定しています。


小児外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 31 0.84 1 0 1.55
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 22 0.82 1 0 4.73
K836 停留精巣固定術 - - - - -
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
K823-3 膀胱尿管逆流症手術(治療用注入材によるもの) - - - - -

鼠径ヘルニアに対して当科では男児には従来法の高位結紮術を、女児には単孔式の腹腔鏡下鼠径手術を第一選択としています。いずれの術式でも、原則的には手術前日入院、翌日退院の2泊3日となりますが、一定条件を満たせれば手術当日入院も行っています。停留精巣固定術も同様の2泊3日もしくは3泊4日で行っています。膀胱尿管逆流症に対しては一部の症例を除き膀胱鏡下に尿管口周囲に薬剤を注入する手術を導入しており、短期入院での治療が可能になっています。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 65 1.85 27.74 27.69 67.63
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 44 1.23 16.52 2.27 25.5
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定 36 10.03 30 38.89 60.72
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 36 1.08 2.58 0 41.11
K1424 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方後方同時固定 31 8.19 31.48 32.26 62.97

整形外科では、高齢化社会を反映して、高齢の患者さんに対する手術がその種類だけでなく件数も増加しています。軟骨のすり減りにより疼痛をきたす変形性関節症に対する人工関節置換術や腰痛と下肢のしびれ、痛みを伴う腰部脊柱管狭窄症に対する脊椎の手術が多くなっています。特に、脊椎の手術では、出血量や皮切をできるだけ小さくする最小侵襲手術を積極的に導入し、日本でも有数の手術件数を誇っています。前方と後方から固定することにより、神経を露出させることなく神経の圧迫を解除し、後方からのスクリュー固定は筋肉を切開せずに経皮的に行っています。


形成外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 25 1 4.08 0 49.56
K4073イ 顎・口蓋裂形成手術(顎裂を伴うもの)(片側) 21 1 8.38 0 7.05
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼拳筋前転法) 18 0.17 1.56 0 60.39
K0101 瘢痕拘縮形成術 17 1.12 10 0 55.35
K427 頬骨骨折観血的整復術 15 1.07 6.87 0 34.2

DPC対象疾患の集計では口唇口蓋裂に対する手術、乳房再建、顔面外傷、母斑血管腫に対するレーザー治療の症例が多くなっています。このほかにもリンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合、血管腫血管奇形に対する硬化療法など最新の治療にも積極的に取り組んでおり、また様々な診療科と連携を取りながら診療にあたっています。


呼吸器外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 96 3.47 9.9 0 70.38
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 54 2.93 4.11 0 64.33
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるも 35 3.74 7.66 11.43 48.66
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) 14 2.5 5.21 0 68.71
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 12 3.17 3.58 0 67.25

原発性肺癌に対する手術は基本的に胸腔鏡を使った「完全鏡視下手術」を行っています。この技術を使って、転移性肺癌や自然気胸に対する手術も完全鏡視下手術を行っています。


呼吸器外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 109 2.24 11.93 1.83 54.88
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 107 11.21 6.54 0 32.6
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 81 9.53 6.33 1.23 33.91
K877 子宮全摘術 48 4.02 8.69 0 46.85
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 45 3.4 13.49 0 56.87

当科では悪性腫瘍患者数が多く、そのため手術件数も多くなっております。また、総合周産期母子医療センターのため、リスクの高い症例を多く受け入れており、帝王切開が多くなっております。


小児科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 42 0 57.95 59.52 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 33 0 84.61 39.39 0
K5621 動脈管開存症手術(経皮的動脈管開存閉鎖術) - - - - -
K726 人工肛門造設術 - - - - -
K7291 腸閉鎖症手術(腸管切除を伴わない) - - - - -


耳鼻咽喉科・頭頸部外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 87 1.31 7.43 1.15 42.25
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 49 1 6.76 0 16.78
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(浅葉) 30 1.57 5.6 0 59.37
K6261 リンパ節摘出術(長径3㎝未満) 30 0.27 1.57 0 64.37
K328 人工内耳植込術 24 1 8.5 0 42.75

鼓室形成術の対象は大部分が中耳真珠腫に対するもので進展例がほとんどです。根治性の高い術式を原則としていますが、小児例では将来的な発達に対応できるように手術を行っています。人工内耳植込術は補聴器を使っても会話できないような重度の難聴者に対する手術で、成人だけでなく1~2歳の生まれつき耳の聞こえないお子様に対しても手術を行っています。いずれの手術も岩手県では最多で、東北地方でも屈指の件数です。


眼科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合・その他のもの) 1142 0.87 1.1 0 72.4
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 578 1.1 5.45 0.17 62.52
K2683 緑内障手術(濾過手術) 74 1.41 13.45 0 66.57
K2021 涙管チューブ挿入術(涙道内視鏡を用いるもの) 63 0.17 0.48 0 61.86
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 61 1.03 6.66 0 67.33

手術件数では、白内障手術が最も多く、1,000件を超えます。硝子体手術がそれに続き、緑内障手術、涙道手術も他施設に比較し、件数は多いです。白内障手術は日帰りでも入院でも実施しております。


皮膚科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 123 2.12 12.49 0.81 74.02
K0051 皮膚皮下腫瘍摘出術(露出部2センチメートル未満) 35 0.54 2.49 0 39.26
K0052 皮膚皮下腫瘍摘出術(露出部2センチメートル以上4センチメートル未満) 28 1 4.43 0 32
K0021 デブリードマン(100未満) 28 1.46 11.79 0 71.89
K0022 デブリードマン(100以上3000未満) 15 3.8 14.53 0 43.8

皮膚科で最も多い手術は皮膚悪性腫瘍切除術であり、悪性黒色腫をはじめ、有棘細胞癌、基底細胞癌など様々な皮膚悪性腫瘍の手術を行っています。病変の取り残しの有無を病理検査で確認したうえで二期的再建を行う場合は入院を2回に分けて行うことがあります。皮膚皮下腫瘍摘出術は、小児や若年者などの患者さんに生じる皮膚良性腫瘍が対象となるため術後日数も比較的短くなっています。


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝波腎・尿管結石破砕一連 238 0.06 1.03 0 57.9
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 87 2.06 9.33 0 64.85
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・電解質溶液利用のも 56 2.46 4.95 0 71.45
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 50 2.42 8.16 0 65.02
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・その他のもの) 39 2.77 5 0 69.79

「体外衝撃波腎・尿管結石破砕術」は、身体の外から衝撃波を用いて尿路結石を砕く治療で、1泊入院で行っています。また、がんに対する治療は、内視鏡を用いた侵襲の少ない治療を積極的に行っています。特に、「腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの)」は、手術支援ロボットを用いた前立腺がんに対する根治治療であり、合併症の少ない安全な手術が可能なため、患者様の負担が小さく、早期の退院が可能です。


放射線科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 28 1.11 4.46 7.14 56.68
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 24 0.25 1.13 0 65.29
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - - - - -
K6112 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) - - - - -
K613 腎血管性高血圧症手術(経皮的腎血管拡張術) - - - - -

 血管塞栓術は、出血の治療、経皮的シャント拡張術は、透析シャントの拡張と血栓除去が多くを占めています。


救急科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 36 0.44 5.44 30.56 75.81
K0461 骨折観血的手術(大腿) 24 3.08 12.71 66.67 70.67
K654 内視鏡的消化管止血術 17 1.59 9.65 35.29 71.65
K0462 骨折観血的手術(前腕) 13 1.69 9.85 38.46 61
K083 鋼線等による直達牽引(初日。観血的に行った場合の手技料を含む。)(1局所につき) 11 0 14.64 63.64 49.73

救急科の診療母体である岩手県高度救命救急センターは、近隣の1次および2次救急症例、岩手県内各地の3次救急症例の診療に従事しております。手術例は頭部外傷に伴う慢性硬膜下血腫、高齢者の転倒に起因する大腿骨頸部骨折や全腕骨(橈骨や尺骨)の遠位端骨折に対する手術が多くなっています。多発外傷において骨折に対する直達牽引、骨盤骨折や腹腔内蔵機損傷に対する低侵襲治療としての血管塞栓術も行われています。消化管出血、特に胃十二指腸潰瘍出血や食道胃静脈瘤破裂に対する内視鏡止血術も積極的に行われています。


循環器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 268 2.44 1.95 2.99 69.35
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 106 0.03 9.88 4.72 69.48
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 102 2.81 4.47 8.82 71.99
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 89 2.29 2.67 2.25 61.72
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 79 2.48 3.03 0 56.8

カテーテルによる低侵襲治療を積極的に行っています。また、多数のデバイスの臨床治験に参加しております。

 

  1. 狭心症・心筋梗塞に対する冠動脈インターベンション(ロータブレーターを含む)
  2. 頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション
  3. 末梢動脈疾患に対するカテーテルインターベンション
  4. 徐脈性不整脈に対するペースメーカー留置
  5. 大動脈弁狭窄に対するTAVI(北東北3県で当院のみ)
  6. 重症不整脈に対するICD留置
  7. 心房中隔欠損・卵円孔開存に対するデバイス閉鎖(北東北3県で当院のみ)
  8. 重症心不全に対する心臓再同期療法
  9. 慢性血栓性肺高血圧に対する肺動脈バルーン拡張術
  10. 僧帽弁狭窄症に対する経皮的交連切開術


心臓血管外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22 冠動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)( 53 12.08 24.08 18.87 66.68
K5602 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(弓部大動脈 49 3.04 40.35 36.73 69.69
K5551 弁置換術(1弁のもの) 42 9.45 26 9.52 67.12
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 39 6.74 19.49 2.56 76.97
K5607 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)腹部大動脈( 26 6.12 20.62 7.69 66.88


循環器小児科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5761 心房中隔欠損閉鎖術 単独のもの 13 3.92 15.77 0 0.77
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 13 1.85 2.69 0 2.46
K574-2 経皮的心房中隔欠損閉鎖術 12 1.42 3.25 0 9
K5741 心房中隔欠損閉鎖術(単独のもの) - - - - -
K570-3 経皮的肺動脈形成術 - - - - -

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 11 0.05
180010 敗血症 同一 31 0.15
異なる 28 0.14
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 125 0.62
異なる - -

医療の質向上のため、特に上記4種類の疾患について公開しております。これらの疾患は入院中の患者さんの状態により引き起こされる可能性があるため、入院の契機となった症病名とは異なる場合があります。特に播種性血管内凝固症候群、敗血症は他疾患の療養経過により発症することが多いため、上記のような結果となっています。

臨床上ゼロにすることが困難な疾患ですが、より発症数が減少するよう最善を尽くしてまいります。【播種性血管内凝固症候群】

本来、出血箇所のみで生じる血液凝固反応が、全身の血管内で無秩序に発生する症候群です。早期診断と早期治療が求められる重篤な状態です。

【敗血症】

病原体が全身に波及したもので、無治療ではショック、播種性血管内凝固、多臓器不全などを引き起こし、死に至る疾患です。

【真菌感染症】

真菌が種々の臓器に定着することに起因する感染症です。健康な状態で罹患することはほとんどありませんが、免疫が低下している患者、高齢者は注意が必要です。

【手術・処置等の合併症】

手術や処置の結果、引き起こされる病態です。合併症は患者の状態により発症確率が様々に変化します。感染症対策に細心の注意を払い、発生確率を低下させるよう努めています。

更新履歴