附属病院の概要
Home > 附属病院の概要 > 沿革

沿革

明治30年 明治 私立岩手病院開設 盛岡医学講習所設置
岩手産婆看護婦学校併設
明治34年 私立岩手医学校設立認可
明治45年 私立岩手医学校閉校[医療教育制度改革により]
大正15年 大正 岩手病院診療棟竣工(現1号館)
昭和3年 昭和 財団法人岩手医学専門学校設立認可
医学専門学校附属病院開設
昭和22年 財団法人岩手医科大学に組織変更
昭和27年 新制岩手医科大学発足
岩手医科大学附属病院へ改称
昭和40年 歯学部設置認可
昭和42年 歯学部附属病院開設[現歯科医療センター]
昭和45年 附属病院外来診療棟、中病棟竣工
昭和55年 岩手県高次救急センター開設[岩手県と共同]
東病棟竣工
平成5年 平成 岩手医科大学附属花巻温泉病院開設
平成6年 岩手医科大学附属病院に特定機能病院の承認
平成9年 岩手医科大学附属循環器医療センター開設
創立60周年記念館竣工
平成13年 岩手県高次救急センターを岩手県高度救命救急センターへ改称
[運営主体が岩手医大となる]
平成17年 岩手医科大学附属病院に歯科医療センターを開設
[歯学部附属病院を統合]
平成21年 岩手医科大学附属循環器医療センターを岩手医科大学附属病院へ統合