附属病院の概要
Home > 附属病院の概要 > 病院長のあいさつ

病院長のあいさつ

小笠原邦昭 病院長

患者・ご家族の皆さまへの
安全で良質な医療の提供

岩手医科大学附属病院
病院長
小笠原病院長署名

 本学は、1897年に学祖三田俊次郎先生が私立岩手病院と医学講習所を創立して以来、岩手の地において高度医療、医学教育、医学研究に邁進し、2017年に創立120年を迎えました。この間、医療制度改革、東日本大震災津波などの大災害、深刻な医師不足など、様々な事象に対応して参りました。
 現在、我が国の医療は、少子高齢化という大きな課題に直面しています。2025年には、約800万人の「団塊の世代」が75歳以上の高齢者となります。この頃には高齢者の5人に1人が認知症患者となります。一方、労働力人口は、2060年には44%となり、働く人よりも支えられる人が多くなることで、医療を担う人材の確保が極めて困難となります。
 大学病院は、高度な医療を提供するため、施設・設備が重厚であると同時に多くの人材を要しますが、高齢者の増加と将来に亘る人材不足に対応するためには、「患者・ご家族のみなさまの療養環境を整えること」と「医療人の負担を軽減し、医療を提供する環境を整えること」が必要です。このことが、患者・ご家族の皆さまへ安全で良質な医療を提供し続けることに繋がります。
 岩手医科大学附属病院は、2019年に病院本体が矢巾町に移転すると同時に内丸には、特殊な診療科を除いた各診療科の外来部門が残ります。2つの病院が離れて運用されますが、皆さまの療養環境と働く人々のための労働環境を再構築致します。この新しい2つの病院で、一人でも多くの方々が、希望を持って治療に臨まれて、一人でも多くの方々が、喜びを得られることを期待しております。これまでも、これからも、地域の全ての皆さまに適切な医療をお届けするために、全力を尽くして参ります。ご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。