岩手医科大学附属病院では、2009年6月から外来に「妊娠とお薬相談室」を開設し、カウンセリングを行っています。

 

相  談  日 毎週月曜~金曜日(祝日を除く)09:00~16:00 ※完全予約制
       申込から1~2週間後になります(予約の際に日程の調整を行います)
相談時間  約30分
相談費用  8,640円(税込・自費負担) ※2回目以降のご相談:5,400円(初診より1年以内で同一の相談の場合)
予約電話  019‐624‐5263 月曜日~金曜日(祝日を除く)09:00~16:00
担  当  者 認定医師・薬剤師
*カウンセリングは直接ご本人へ行います。ご家族も一緒にカウンセリングを受けることができますが、家族の方や代理の方のみではお受けできません。

 

~開設の経緯~

「妊娠しているとわからずに薬を飲んでしまったけれど赤ちゃんには影響あるの?」、「持病で薬を飲んでいるけれど、妊娠したら薬はやめるべき?」など妊娠と薬に関する不安や悩みにお答えするために2005年、厚生労働省の事業として国立成育医療研究センター(東京都世田谷区)内に「妊娠と薬情報センター」が設置されました。「妊娠と薬情報センター」では国内外のデータ・資料からわかる最新の情報をまとめています。全国の女性の悩みにお答えするために相談窓口は拡大しており、岩手医科大学附属病院の「妊娠とお薬相談室」もその一つとしてカウンセリングを行っています。カウンセリングは、研修を受け、妊娠と薬に関する専門知識を持った医師と薬剤師が担当致します。
詳細は「妊娠と薬情報センター」ホームページhttp://www.ncchd.go.jp/kusuri/index.html

 

~岩手医科大学附属病院「妊娠とお薬相談室」の利用について~

「妊娠とお薬相談室」は完全予約制となっております。申込みは東京の「妊娠と薬情報センター」が一括して行っておりますので、必要書類を「妊娠と薬情報センター」へ郵送して下さい。

 

申込みから予約までの手順



「妊娠と薬情報センター」のホームページから「問診票」と「相談依頼書(主治医がいる方)」を入手し、必要事項を記入する
ホームページにアクセスできない、記入方法がわからない等、申込みに関するお問い合わせは下記にご連絡下さい。

岩手医科大学附属病院「妊娠とお薬相談室」
019-624-5263(祝日を除く月曜日~金曜日9:00~16:00)



主治医に相談依頼書を記入してもらう(岩手医科大学附属病院「妊娠とお薬相談室」でのカウンセリングを希望される方はなくてもかまいません)





必要書類を確認し、ポストへ投函

  ・問診票
  ・返信用封筒(82円切手を貼り、自分の住所氏名を記入)
  ・相談依頼書(ある場合は)

宛先   〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2-10-1
     国立成育医療研究センター内 「妊娠と薬情報センター」
  ④

「妊娠と薬情報センター」からの連絡を待つ
申し込みから1週間程度で 『岩手医大「妊娠とお薬相談室」に電話し、●月●日以降の予約を取って下さい。』という案内が郵送されます。
  ⑤

予約をとる

岩手医大「妊娠とお薬相談室」に電話。

019-624-5263(祝日を除く月曜日~金曜日9:00~16:00)
妊娠と薬情報センター(東京)から連絡が来たことを伝え、予約を取って下さい。

 

~当日の流れ~

<当日の持ち物>
筆記用具、健康保険証(本人確認のため)、 相談費用(5,400円)、母子手帳(持っていれば)

①初診の方:1階 新患受付にてお手続きをお願い致します。
  2回目以降の方:臨床遺伝科外来受付に直接お越しください。
②認定医師と薬剤師によるカウンセリング
③会計

 

 

 

~お問い合わせ~

岩手医科大学附属病院「妊娠とお薬相談室」
住所:〒020-8505 岩手県盛岡市内丸19-1
℡ :019-624-5263 (祝日を除く月曜日~金曜日9:00~16:00)