がん患者・家族サロン紹介

がん患者・家族サロンの目的と機能

がん患者・家族サロンの目的

がん患者およびその家族に対する精神面を中心としたケアの充実


がん患者・家族サロンの機能

1.がん患者・家族同士の情報交換・親睦が図れます。

 がん患者・家族サロン(以下、サロンと略)は「患者や家族同士で気軽に不安や悩みを語り合い、元気になれる場が欲しい」という患者さんの"声"から生まれました。

 ボランテイアの方々や専従スタッフが、利用される方のお話を伺い、気持ちに寄り添いながらアドバイスを交えて対応いたします。

 不安や悩みを共有し合うことで、少しでも気持ちが軽くなるようなサロンを目指しています。

→月間予定表を確認する


▲このページの一番上へ

 

2.がんに関する様々な情報が収集できます。

 がんに関する情報は、正しいものから、“?”(クエスチョンマーク)がつくものまで溢れている時代です。

 しかし、患者さんが医療関係者の説明だけでは内容をよく理解できずに、情報不足のまま治療に望んでしまう場合も少なくないようです。

 そこで、サロンで確かな情報を得て安心して治療に専念していただくために、書籍や各種パンフレット等利用できます。

 

→設備について


▲このページの一番上へ

 

3.がんに関する疑問に医療者が対応します。

よろず相談は13時30分~16時30分

 患者会の皆さんから「気軽に簡単な相談ができればいいな」というご要望があり、“よろず相談“の時間を設けています。

 担当表にそって、薬剤師、看護師、栄養士、医療相談員の4職種がそれぞれの専門領域を活かし、お薬のこと、病状のこと、食事のこと、経済的・社会的なこと等に関して、相談に対応します。

「ちょっと聞きたいんだけど…」「こんなこと聞いてもいいのかしら…」といった相談でも、気軽に声をかけてください。

→月間予定表


▲このページの一番上へ