Home > 外来化学療法室

外来化学療法室

外来化学療法を受けられる患者様へ

 かつては強い副作用のため入院して行っていたがん化学療法は,がんそのものへの考え方の変化や支持療法(副作用を軽減する治療)の進歩により外来での実施が多くなっています。 吐き気や白血球減少による発熱・感染症といった副作用は制吐剤や抗生物質の適正な投与で最小限に抑えることが出来る様になっています。副作用の少ない治療を安楽に継続できる環境を提供するために、 われわれ外来化学療法室では各科の担当医と協力しながら、薬剤の副作用、支持療法薬の内服方法、治療中の生活のコツを説明させて頂き、より高い生活の質(QOL:Quality of Life)が得られる様お手伝いさせて頂きます。
 岩手医科大学附属病院では、平成17年12月に外来化学療法室を開設しました。ここでは当附属病院における外来化学療法を紹介します。

外来化学療法室の概要

場  所 西病棟3階 受付・準備室、調製室、治療室(3室)
設  備 安全キャビネット【クラス II タイプB2】(1台)調製設備
スタッフ 伊藤 薫樹(室長・腫瘍センター長)
専任薬剤師3名(がん認定薬剤師 森 恵 他2名)
専任看護師6名(内 1名はがん化学療法看護認定看護師 澁谷 幸子)
クラーク3名
対  象 全診療科
業務時間 月〜金曜日(8:30〜17:00)、第1、4土曜日(8:30〜12:30)

外来化学療法業務の流れ

外来化学療法室[治療までの流れ]

外来化学療法室実施処方枚数

平成30年度
診療科 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
消化管内科 64                       64
肝臓内科 8                       8
呼吸器・アレルギー・膠原病内科 71                       71
血液腫瘍内科 68                       68
外科 301                       301
脳神経外科 25                       25
呼吸器外科 6                       6
整形外科 23                       23
産婦人科 70                       70
小児科 6                       6
耳鼻咽喉科 8                       8
眼科 2                       2
皮膚科 23                       23
泌尿器科 45                       45
放射線科 0                       0
口腔外科 0                       0
合計 720                       720
このページのトップへ