Home > 化学療法専門病室

化学療法専門病室

化学療法専門病室について

当院では、原発不明がんをはじめとする各種がんに対する化学療法やがん緊急症に対する治療を行う専門病室を有しています。原発不明がんに対しては、腫瘍内科の専門医がその治療にあたっております。また、がん緊急症や高度の合併症の出現が予想される各種がん患者に対して、各科のがん治療専門医および専門スタッフが治療に参加することによって、より安全かつ集学的な治療を行える場を提供しております。さらに、この専門病室は、がん薬物療法専門医やがん治療認定医の育成の場としての役割を果たしています。

化学療法専門病室の概要

場  所 中病棟7階 728号室および729号室(男女各7床、計14床)
スタッフ 志賀 清人(室長・頭頸部外科学科 教授)
各科担当医師
看護師(内 1名はがん化学療法看護認定看護師)
専任薬剤師
対象患者 原発不明がん、がん緊急症、化学(放射線)療法を行う各種がん患者

入院までの流れ

2019年度
診療科 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
消化管内科 11 2                     13
肝臓内科 1 2                     3
呼吸器内科 78 75                     153
呼吸器外科 0 0                     0
血液腫瘍内科 79 73                     152
臨床腫瘍科 6 0                     6
外科(肝胆膵) 9 6                     15
外科(胃) 29 35                     64
外科(大腸) 0 1                     1
外科(食道) 80 81                     161
外科(乳腺) 4 1                     5
脳神経外科 35 55                     90
整形外科 5 2                     7
形成外科 0 0                     0
産婦人科 87 88                     175
小児科 54 52                     106
頭頚部外科 106 95                     201
眼科 0 0                     0
皮膚科 5 6                     11
泌尿器科 37 67                     104
腎高血圧内科 0 1                     1
放射線科 0 0                     0
口腔外科 0 0                     0
合計 626 642                     1268
このページのトップへ