HOME > 腫瘍センター長あいさつ

腫瘍センター長あいさつ

腫瘍センター長
臨床腫瘍科 教授
伊藤 薫樹















 

 岩手医科大学附属病院腫瘍センターは、平成19年7月にがん診療を円滑に進めることを目的に池田健一郎元外科准教授、藤岡知昭名誉教授、前腫瘍センター長の杉山徹病院長のご尽力で設立・発展してまいりました。腫瘍センターでは、「患者中心のがん医療」と「やさしいがん医療」の実践を目指し、「外来化学療法室」、「入院化学療法専門病室」、「緩和ケアチーム室」、「がん登録室」、「患者相談支援・情報室」、「がん診療連携室」の6部門に加えて、「放射線治療部門」、「病理診断部門」、「歯科治療部門」のエキスパートが集まり、診療科横断的ながん医療を進めています。さらに多くの不安や悩みを抱えていらっしゃる患者さんやご家族に寄り添う場として、「がん患者家族サロン」を設置しています。専従スタッフに加えて多くのボランティアの方々に参画していただいており、その活動は高い評価を受けています。また、医療者と患者さんの対話(対話カフェ)を月一回開催しており、医療の原点としての心の交流を図っています。
 腫瘍センターでは、一人の患者さんの治療方針を診療科や職種をこえて検討するカンファレンスを定期的に行い、適切な治療の提案を行っております。また県内の基幹病院が参加する緩和ケアテレカンファレンスを定期的に行っており、緩和ケアのより一層の充実を図っております。外来化学療法室では、専門スタッフと医師がチームを形成し、 電話サポートをはじめとした独自の患者支援を行うことでより安全かつ確実な化学療法を提供しています。
 岩手医科大学附属病院腫瘍センターはこのような組織を統括し、さまざまな取り組みを当院のみならず、がんの地域連携の枠組みの中で推進し、「患者中心のやさしいがん医療」を提供できるように努めてまいります。ご支援とご協力を賜りますよう、お願いいたします。

このページのトップへ