診療科・診療部
Home > 診療科・診療部 > 医科 > 臨床腫瘍科

臨床腫瘍科

診療内容・特徴

診療内容・特徴

当科では、消化器がん・甲状腺がん・悪性軟部腫瘍・原発不明がんなどの固形腫瘍や血液悪性腫瘍に対し、最新の知見に基づき、外来化学療法を中心とした標準薬物療法を行っています。

消化器がん
大腸がんの化学療法を行なっています。
甲状腺がん
放射性ヨウ素治療抵抗性・難治性の分化型甲状腺がんや切除不能の甲状腺未分化がん・髄様がんに対する分子標的治療を行っています。
悪性軟部腫瘍
標準化学療法や分子標的治療を行っています。
原発不明がん
キャンサーボードミーティングで議論し、最適な化学療法を行っています。
頭頚部がん
再発・治療抵抗性の口腔がんに対して歯科口腔外科と連携し、免疫チェックポイント阻害薬による薬物療法を行っています。
多発性骨髄腫
化学療法や新規治療薬(レナリドミド、ボルテゾミブ、カルフィルゾミブ、エロツズマブ、イキサゾミブ、ポマリドミドなど)による治療を行っています。
悪性リンパ腫
リツキシマブ併用化学療法などの標準治療を行っています。
慢性骨髄性白血病
チロシンキナーゼ阻害薬による標準治療を行っています。

入院診療体制

入院診療体制

  • 当科は、中病棟7階に14床の入院化学療法室を利用し、医師2名、看護スタッフ、薬剤師が診療を行っています。
  • 外来での化学療法が中心ですが、一部の患者さんには治療の導入目的で入院での化学療法を行っています。
  • 患者様目線のがん医療を目指し、医師・看護師・薬剤師・栄養士などがチームを形成して診療にあたっています。
  • 週間に一度開催される院内キャンサーボードミーティングで症例検討を行っています。

スタッフ紹介

スタッフ紹介

岩手医科大学附属病院

※掲載内容につきましては、診療科から申告された内容を掲載しております。
(令和元年5月現在)

医師氏名

板持 広明いたもち ひろあき

  • 教授
出身
(大学・都道府県)
鳥取大学  鳥取県
専門分野 婦人科腫瘍学、細胞診断学
その他
加盟学会等
  • 日本産科婦人科学会(指導医・専門医)
  • 日本婦人科腫瘍学会(指導医・専門医・理事)
  • 日本臨床細胞学会(細胞診教育研修指導医・専門医・理事)
  • 日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
  • 日本ヒト細胞学会(理事)
  • 日本癌治療学会(代議員評議員)
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本癌学会
  • 日本産科婦人科内視鏡学会
  • American Association for Cancer Research
  • American Society of Clinical Oncology
  • International Gynecologic Cancer Society
  • European Society for Medical Oncology

ページの先頭へ戻る