診療科・診療部
Home > 診療科・診療部 > 循環器 > 心臓血管外科

心臓血管外科

診療内容・特徴

診療内容・特徴

ハートチーム
心臓血管外科は後天性心疾患、先天性心疾患、大動脈から末梢血管疾患にいたるまで、また新生児から超高齢者にいたるまでの幅広い心臓血管外科治療を行っています。その際に重要なのがチームワークです。循環器内科や循環器小児科、麻酔科、放射線科、看護師、理学療法士、臨床工学士らと、いわゆるハートチームを結成し、毎朝カンファレンスを行い緊密な連携や情報共有に努めています。年間手術症例数は700例を超え、国内有数の施設となっています。

低侵襲心臓手術

近年は低侵襲心臓手術にも積極的に取り組んでおり弁膜症に対する小切開心臓手術や経カテーテル的大動脈弁置換術、径カテーテル的僧帽弁形成術が行われています。また、人工心肺を用いない心拍動下冠動脈バイパス手術や大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術も患者様の負担軽減を考慮した低侵襲治療として積極的に取り組んでいます。

地域医療

急性心筋梗塞や急性大動脈解離、大動脈瘤破裂などの急性症候群は1分1秒を争う緊急的治療が必要な代表的疾患です。岩手医大心臓血管外科は岩手県全域はもちろん、北東北3県をも含む医療圏の地域医療の担い手として緊急手術に365日、24時間対応しています。広い医療圏をカバーするのにドクターヘリが活躍しています。

高難度心臓手術

弁膜症に対する自己弁温存手術、自己心膜による大動脈弁再建術、先天性複雑心奇形に対する2心室修復術などの高難度心臓手術にも対応しています。患者様のニーズに沿った高いQOLを目指した心臓血管外科治療を提供できるよう柔軟に対応しております。

岩手医科大学心臓血管外科学講座ホームページ
ホームページを開設しておりますので、ぜひお立ち寄りください。

スタッフ紹介

スタッフ紹介

心臓血管外科学講座のホームページをご覧ください。