トップページ > 治験とは > 新しいくすりが誕生するまで

新しいくすりが誕生するまで

図:新しいくすりが誕生するまでの流れ

1 基礎研究(2〜3年)
くすりの候補を探し出します。
2 非臨床試験(3〜5年)
動物で効果や安全性を調べます。
3 治験[第1相〜第3相](3〜5年)
  • 第1相試験
    少数の健康成人を対象に、主に安全性や薬物動態について調べる試験。
  • 第2相試験
    比較的少数の患者さまを対象に、有効で安全な投与量や投与方法などを調べる試験。
  • 第3相試験
    多数の患者さまを対象に、標準的な「くすり」などと比較して、有効性と安全性を確認する試験。
4 承認審査(1〜2年)
試験結果についての厳正な審査が行われます。
5 新薬の誕生