中央診療部門
Home > 中央診療部門 > 血液浄化療法部

血液浄化療法部

「透析室」は、2008年4月1日に中央診療部門の一部門として「血液浄化療法部」となりました。
「血液浄化療法」とは聞きなれない言葉ですが、「病因(関連)物質が血液中に存在すると考えられる病態において、血液より物理的、化学的あるいは生物学的に病因(関連)物質を直接除去し、さらに欠乏する物質を血中に補充することにより病態の改善をはかる治療法」と定義されます。もっと柔らかく言いますと、「体外に血液をポンプなどで導き出し、拡散・濾過・吸着の原理を単独あるいは組み合わせることにより不要な物質(毒素)を血液(体内)から除去、あるいは必要な(不足している)物質を血液(体内)に補充し、病態の改善をはかる治療法」です。現在日本において表1に示します病気が保険適応となっており、腎臓および肝臓など代謝機能(解毒機能)を司っている臓器の病気から始まり、神経・血液・自己免疫疾患などの様々な病気が対象となります。

「当療法部」では、これらの病気の中でも透析療法を必要とする末期腎不全患者さんが多く、その中でも心臓の病気や悪性腫瘍を合併し、その治療のため入院されている重症透析患者さんが主です。当院泌尿器科医師の協力のもと、重症患者さんの治療中の病態変化を見極める細やかな観察力と機器管理を含めた高度で専門性の高い技術力を有した専任看護師、臨床工学技士、専任医師の3者によるチーム医療を行っております。表1に示します様な病気で、かかりつけの 先生より治療法の一つとして「血液浄化療法Jを提示されたが、不安や疑間のある患者さんは、かかりつけの先生を通してご相談ください。各種病気を専門に診療してくださる当院の各診療科と連携をとりながら、治療法の適否を検討いたします。また糸球体濾過量が50ml/min未満で将来透析療法が必要になる危険性が高い方(透析予備群)および将来予備軍におちいる危険性のある方に対し、慢性腎臓病 (chronic kidney disease : CKD) という概念を用い、積極的に治療(薬物療法や食事指導など生活習慣の改善)を行うとともに末期腎不全に対する腎代替療法として、患者さんのご希望および病態に合わせた、 トータルケア(血液透析、腹膜透析、腎移植のいずれの治療法も選択可能なシステム)も行っています。 なお「当治療部」には外来がないため、かかりつけの先生を通して当院泌尿器科外来を受診してください。

血液浄化療法適応疾患

<腎疾患>

  • 急性および慢性腎不全
  • 巣状糸球体硬化症
  • ABO血液型不適合間若しくは抗リンパ球抗体陽性の同種腎移植

<消化器系疾患>

  • 重症急性膵炎
  • 劇症肝炎
  • 術後肝不全
  • 急性肝不全
  • 慢性C型ウイルス肝炎
  • 肝性昏睡
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • ABO血液型不適合間若しくは抗リンパ球抗体陽性の同種肝移植

<皮膚疾患>

  • 天疱瘡
  • 類天疱瘡
  • 中毒性表皮壊死症
  • スティーブンス・ジョンソン症候群

<神経系・自己免疫疾患>

  • 重症筋無力症
  • 多発性硬化症
  • 慢性炎症性脱髄性多発根神経炎
  • ギラン・バレー症候群
  • 悪性関節リウマチ
  • 全身性エリテマトーデス

<血液系疾患>

  • 多発性骨髄腫
  • マクログロブリン血症
  • 血栓性血小板減少性紫斑病
  • 重度血液型不適合妊娠
  • 溶血性尿毒症症候群
  • インヒビターを有する血友病

<その他>

  • エンドトキシン血症
  • 薬物中毒
  • 家族性高コレステロール血症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 川崎病

平成24年4月1日現在