中央診療部門
Home > 中央診療部門 > 輸血・細胞治療部

輸血・細胞治療部

部門の概要

 輸血・細胞治療部は、中央臨床検査部の輸血検査室と協力し、院内の輸血・細胞療法を行うための検査と管理などを行っています。各種指針にもとづいた輸血の体制を整備し、血液製剤の適正な使用と安全な輸血療法に取り組んでいます。

スタッフ 部 長(兼任) 1名
副部長(兼任) 1名
臨床検査技師 6名(中央臨床検査部 輸血検査室)
看護師(兼任) 3名
主な業務 <輸血検査と血液製剤の管理>
  • 血液型検査
  • 不規則抗体検査
  • 交差適合試験
  • HLA検査
  • 血液製剤の保管・管理
  • 貯血式自己血輸血製剤の保管・管理
  • 輸血療法委員会の運営
  • 輸血療法に関するコンサルティング

<貯血式自己血輸血>

  • 貯血式自己血輸血の貯血と保管・管理

<細胞プロセッシング>

  • 末梢血造血幹細胞の採取と保存
  • 顆粒球輸血
  • ドナーリンパ球輸注療法
  • 骨髄液処理

部門の特徴

 輸血・細胞治療部は、医師(日本輸血・細胞治療学会認定医1名)、検査技師(同学会認定技師2名)、および看護師(日本自己血輸血学会認定自己血輸血看護師2名)が協力し、輸血検査と血液製剤の管理、貯血式自己血輸血の採血(貯血)、および細胞プロセッシング業務を行っています。

 「輸血検査と血液製剤の管理」では、安全な輸血療法に必要な各種検査(血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験など)、適合する血液製剤の確保、および血液製剤の保管と管理を行っています。安全な輸血療法と血液製剤の適正な使用を推進するために、各種ガイドラインにもとづく輸血関連マニュアルの整備と院内の輸血療法委員会の運営も担当しています。

 「貯血式自己血輸血」とは、輸血を必要とする手術が予定されている患者さんから前もって採血(貯血)し、手術中または手術後の輸血にご自身の血液を用いる輸血療法です。自己血輸血は、病院内での実施体制が整備されている場合には、献血血による同種血輸血の副作用(ウイルス性肝炎、HIV感染症、移植片対宿主病など)を回避できる輸血療法の一つと考えられています。当院では、年間約150~200名の患者さんで貯血式自己血輸血が行われています。
 安全な自己血輸血を行うために各種ガイドラインをもとにした「自己血輸血マニュアル」を整備し、日本自己血輸血学会認定・自己血輸血責任医師と同学会認定・自己血輸血看護師が自己血輸血のための貯血を担当します。患者さんにはリラックスした状態でいられるように環境を整備し、苦痛の少ない採血の実施と採血後の副作用の軽減にも心がけています。

「細胞プロセッシング」業務では、患者さんや造血幹細胞移植ドナーの血液から必要な細胞成分を取り出すアフェレーシスを各診療科と協力して行っています。血球分離装置により造血幹細胞移植に必要な末梢血造血幹細胞やリンパ球を分離し、採取した細胞の調整、品質管理、および保管を行っています。ABO血液型不適合骨髄の血球・血漿除去も行っています。当院は骨髄バンクの非血縁ドナー末梢血造血幹細胞採取施設に認定されています。アフェレーシスでは、日本輸血・細胞治療学会認定細胞治療認定管理師(2名)を含む医師と検査技師、および看護師が協力し、安全な実施を心がけています。