中央診療部門
Home > 中央診療部門 > 中央特殊診療部

中央特殊診療部

高気圧下での酸素治療を行う高気圧環境医学治療室やカウンセリングや心理療法を行う臨床心理室など、高度で特殊領域での診療を担っています。

高気圧環境医学治療室

治療室と実験室に大型の高気圧装置を設置。高気圧下での酸素治療や研究を実施しています。

臨床心理室

精神科、小児科、耳鼻科などの科からの依頼で、各種の心理検査を実施。さらにカウンセリングや心理療法を実施しています。

言語聴覚室

聴覚機能検査、平衡機能検査、リハビリテーション、人工内耳に関わる評価・訓練を行っています。

視能訓練室

良好な視力と両眼視機能を獲得するために、視力増強訓練、両眼視機能獲得訓練、両眼視増強訓練などを行っています。

褥瘡対策室

褥瘡発生の予測・早期発見・重症化の予防を目的に設置。褥瘡ケアに難渋する患者さんに対し、コンサルテーションを行っています。

NST室

NSTとは、Nutrition Support Team の略称で、最適な栄養管理を検討・提言しています。

人間ドック室

生活習慣病予防健診を主に扱い、生活習慣病やがんの早期 発見、予防に努めます。

脳ドック室

MRIにより、脳卒中、に脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、脳血管性痴呆など早期に発見、治療に結びつけています。