理念目標

高度看護研修センター > 理念目標

理念目標

教育理念

岩手医科大学附属病院は「誠の精神に基づく誠の医療の実践」を理念とし医療人としての人間の育成を目指している。また、高度医療、地域における医療の向上に寄与することを使命とし、院内外との連携を図りながら、本県の地域医療に貢献している。
さらに、チーム医療を推進しており、その中で看護識者は専門職として質の高い看護実践が求められている。これらの期待に応えるため、岩手医科大学附属病院は、充実した環境のもと、緩和ケア認定看護師の教育課程を設置し、高度な知識と熟練して技術、適切な倫理的判断を備え対象者に対して水準の高い緩和ケアを提供できる認定看護師を育成し広く社会に貢献する。

教育目的

専門職業人として自己研鑽し、ケアを必要とする個人、家族、集団に対して、高度で専門領域に特化した知識と看護技術を身につけ、地域や臨床現場で水準の高い看護を提供できる認定看護師を育成する。

  • 岩手医科大学附属病院

    岩手医科大学附属病院