教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 薬学部講座紹介 > 天然物化学講座

天然物化学講座

抗生物質ペニシリンなどに代表される天然由来の医薬品は人類に多大な恩恵を与えてきました。天然有機化合物の探索、化学構造や、生合成について、有機化学を基盤として、生化学や分子生物学の手法も交えて総合的に研究する学問が天然物化学です。
  本講座は、教授:藤井 勲、准教授:林 宏明、助教:浅野 孝、助教:橋元 誠のスタッフで教育、研究を進めています。

教授からのひとこと

藤井 勲 教授

藤井 勲 教授

これまでの研究を通して実感したことは、糸状菌、放線菌などの微生物や植物が有する多彩で効率的な物質生産能力の偉大さということです。これからの基本的な研究方向として、この物質生産に関わる生合成遺伝子についてさらに解析を進め、新たな化合物を生物の有する生合成能力を生かして効率よく生み出す能動的な「生物合成」ともいうべき方法論の確立を目標として、基盤研究を進めていきたいと考えています。ゲノム解析の急速な進展に伴い、微生物、植物においても、これまで隠されていた物質生産に関わる機能未知の遺伝子が多数存在することが明らかになってきています。天然物化学研究の新たな方向性として、生物の有する多彩な物質生産遺伝子資源を創薬に生かすという目標を持って研究を展開していきたいと考えています。

講座の基本理念

  1. 身体を鍛える(実験科学は体力が資本です)
  2. 人との和を尊ぶ(研究は共同作業です)
  3. 学べ、されど真似るな(独創性をもとう)

主な研究内容

  1. ポリケタイド生合成酵素の機能解析
  2. ゲノム情報にもとづく有用二次代謝産物生合成系の検索と生産への応用
  3. 高等植物のトリテルペノイド関連化合物の多様性と生合成酵素に関する研究
  4. カンゾウ属植物の自生地調査と系統解析
  5. 植物培養細胞を用いた抗アルツハイマー病成分の生産機構の解明