教育
HOME > 教育 > 学部紹介 > 医学部講座・学科紹介 > 頭頸部外科学科

頭頸部外科学科

頭頸部外科学および関連領域の基礎知識と実技を学びます。臨床における頭頸部外科の役割を理解し、疾患の治療のみならず、症例の治療後のリハビリテーションや社会復帰を含めた様々な問題を解決する素養を身につけることを目標に掲げます。また、授業を通して医学研究者、医学教育者、臨床医となるための将来への基盤を形成していきます。

講座・教室からひとこと

志賀清人 教授

志賀清人 教授

頭頸部外科では耳鼻咽喉科領域の悪性腫瘍(喉頭癌、舌癌、咽頭癌、上顎癌、唾液腺癌、甲状腺癌など)を中心とした腫瘍の診断・治療を扱っており、耳鼻咽喉科領域の様々な機能(咀嚼・嚥下、呼吸・発声・構語、味覚や嗅覚など感覚器としての機能)を維持しながら治療を完結させるという使命を担っています。治療としては外科治療のみではなく、化学療法や放射線治療も症例が増加しており、治療後の嚥下障害に対するリハビリテーション医療など多様な治療を行っています。また、最近では嚥下障害患者や嚥下性肺炎に対する外科治療も増加しています。そのため頭頸部腫瘍の外科治療のみではなく、耳鼻咽喉科疾患を含めて幅広い状況に対応できる臨床医の育成に力を入れています。

講座・教室の基本理念

頭頸部外科は耳鼻咽喉科の領域の中でも腫瘍を対象とした外科治療を中心に感染症や外傷なども扱う幅が広い外科です。最近では頭頸部癌の臓器・機能温存を目的に化学放射線治療を行うことも多く、腫瘍内科や放射線治療科との連携も必須です。頭頸部の領域は上部消化管としての機能(咀嚼・嚥下)、上気道としての機能(呼吸・発声・構語)感覚器としての機能(聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚)など人間の機能の中でも極めて重要な分野を受けもっています。頭頸部外科の患者さんの治療にはこのような領域の機能障害を最低限にとどめるような治療計画が必要であり、診断、予防、治療に貢献する研究を行うことを基本理念としております。

主な研究内容および診療内容

 

頭頸部外科で扱う腫瘍は咽頭癌(上咽頭・中咽頭・下咽頭)口腔癌(舌癌・口腔底癌など)、喉頭癌,外耳道癌、鼻副鼻腔癌、唾液腺癌(耳下腺・顎下腺・舌下腺)、甲状腺癌、原発不明癌、副咽頭間隙腫瘍とくに頸動脈小体腫瘍など全てを扱っています。研究についてはこれら臨床例で得られた実績や情報をもとに臨床研究を展開するとともに種々の基礎研究にも取り組んでいます。

  1.  臨床研究ではJCOGの頭頸部グループの参加施設としてJCOG1008やJCOG1212の症例登録を行っています。JCOG1212は上顎癌進行例に対するCDDPの急速動注療法と放射線治療の併用療法についての研究であり、全国でも頭頸部動注が可能なIVR医が施設内にいないとできない研究で、本学放射線診断科・放射線治療科との協力のもと遂行中です。
  2.  頭頸部癌頸部リンパ節転移の診断と治療:頭頸部超音波研究会の一員としていくつかの多施設研究が進行中です。本学に事務局をおく臨床研究としては「日本頭頸部造影超音波研究会JHNCURG」(研究代表者:志賀清人)を実施主体にする「頭頸部癌患者の転移リンパ節を対象とした造影超音波の有用性についての検索」を遂行中です。頸部リンパ節転移については新しく開発した画像解析ソフトを用いて、造影超音波で得られた画像と病理組織学的所見、特に癌の浸潤様式や血管分布との比較により患者の臨床像の予想が可能かどうかの検討を行っています。また、頭頸部癌患者の化学放射線治療の効果判定への応用についても検討中です。
  3.  頸動脈小体腫瘍の診断と治療:当科では全国でも1、2を争う頸動脈小体腫瘍の手術例を保持しており、患者の同意を得てSDH遺伝子ファミリーなどの遺伝子変異の検索を行っています。手術例では術前栄養動脈塞栓療法の工夫と、手術操作の工夫により手術時間2時間前後、出血量は10ml前後で摘出を可能にしています。志賀清人教授を研究代表者として日本頸動脈小体腫瘍研究会JCBTRGを組織し、現在多施設共同研究「頸動脈小体腫瘍の全国調査JCBTRG-1」「頸動脈小体腫瘍症例の遺伝子変異の検索全国調査JCBTRG-2」が進行中です。
  4. 頭頸部腫瘍の治療:進行例では形成外科と連携をとりながら、術後の臓器・機能温存を十分に検討した上で再建術を含めた根治手術を行っております。また、咽頭癌を中心に化学放射線治療の有効性が示されており、放射線治療科と連携し多剤併用化学療法を組み合わせた同時併用化学放射線治療を行っています。主に上顎扁平上皮癌に対し、症例に応じて放射線診断科と連携して、超選択的動注化学療法を併用した放射線治療も行っています。早期の喉頭癌・下咽頭癌症例で音声機能の保存が可能な例には内視鏡治療を含めた喉頭部分切除、下咽頭部分切除術など術後のQOLを考慮した術式を選択しています。術後の嚥下訓練、発声練習を言語療法士および看護チームと密接に相談しながら、より良い社会復帰に向けて努力するよう指導しております。
  5.  嚥下障害患者の治療:嚥下障害患者については嚥下造影検査や嚥下内視鏡検査による正確な診断を行い、嚥下障害の外科治療の適応と考えられる症例には喉頭挙上術や輪状咽頭筋切除術などの嚥下改善手術を、誤嚥が高度で気管食道分離術の適応と考えられる症例には声門閉鎖術などの誤嚥防止手術を行っております。音声障害患者の治療:反回神経麻痺症例に対して甲状軟骨形成術I型の手術を行うなど、音声改善手術に取り組んでおります。
  6.  頭頸部腫瘍の基礎的研究:細菌ベクターを用いた頭頸部悪性腫瘍の遺伝子治療についての基礎的研究を推進しています。また、転移リンパ節への抗がん剤治療を目指し超音波を用いたlymphatic drug delivery system(LDDS)を開発中です。HPVと頭頸部癌の関連について多施設共同研究を行っています。頭頸部を含めた上気道・消化管におけるアルコール発癌についての研究を行っています。
    ________________________________________
    • 耳鼻咽喉科学講座ホームページへのリンク