入学を希望される方
HOME > 教育 > 入学を希望される方 > 看護学部

看護学部

看護学部 入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

本学は、「医療人たる前に、誠の人間たれ」という建学の精神のもとに、地域医療に貢献する医療人育成を使命として設立されました。学則には、「まず人間としての教養を高め、充分な知識と技術とを習得し、更に進んでは専門の学理を究め、実地の修練を積み、出でては力を厚生済民に尽くし、入っては真摯な学者として、斯道の進歩発展に貢献する」ことが掲げられています。看護学教育・教養教育を通して、優れた資質と深い人間愛を有する医療人、研究者、人格的に成長できる人材の育成が、本学の目指すところです。

求める人材像

1.人々との相互関係に関心を持ち、人としての尊厳を重んじることができる人

2.人の不安や悩みを自らの問題として受け止めることができる人

3.自然環境との共生と防災への構想力をもつことができる人

4.自然科学と社会科学の学びから自己の成長を図ることができる人

5.大学教職員とともに地域社会に役立とうという意志を持つ人

上記の資質を備えた多様な人材を募るために、一般入試、推薦入試、社会人特別入試を行います。入学志願書や高等学校からの調査書に基づき、本学において看護学を学ぶ上での熱意、向上心、これまでの成績や学習態度を確認するとともに、いずれの試験区分においても面接試験を実施し、他者と協働して学ぶ資質やコミュニケーション能力を備えているか確認します。

一般入試では面接試験のほか、高等学校で履修する国語、外国語(英語)、数学または理科の筆記試験により、入学後の修業に必要とされる読解力、思考力、知識を確認し、本学において学ぶ姿勢が備わっているか総合的に判断します。

推薦入試および社会人特別入試では面接試験のほか、高等学校で履修する外国語(英語)の筆記試験と小論文により、入学後の修業に必要とされる読解力、思考力、表現力を確認し、本学において学ぶ姿勢が備わっているか総合的に判断します。

なお、入学者の受け入れにあたっては、民族、宗教、国籍、性別および性的指向などを問わず、多様な人材を募集します。

 

  • 大学紹介ムービー
  • ライン友だち追加
  • 大学CM放送中(岩手県版)
  • 大学案内をネット上でご覧になれます。
  • 進学相談会日程
  • 個別相談会日程
  • 出前講座
  • 夢ナビ
  • 矢巾キャンパス移転
  • アクセスマップ